English >> TOPページ   


  ヤマザキ  シュンジ
  山﨑 俊次   外国語学部 英語学科(外国語学研究科 英語学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  Corpus Linguistics 
■ 学歴
1. ~1977/03 大東文化大学 外国語学部 英語学科 卒業 文学士
2. ~1983/04 ニュージーランド国ヴィクトリア大学教育学部大学院 Diploma in Educational Studies 課程 修了 Diploma in Educational Studies
3. ~1993/10 コロンビア大学ティーチャーズカレッジ 英語教授法 修士課程修了 修士号(M.A.)
4. ~2004/12 ニュージーランド国ヴィクトリア大学大学院 言語学・応用言語研究科 博士課程修了 博士号(Doctor of Philosophy)
■ 職歴
1. 1977/04~1979/03 神奈川県立三崎高等学校 英語科 教員
2. 1979/04~1986/03 財団法人海外子女教育振興財団よりニュージーランド国ウェリントン補習授業校に派遣(1981.05.01よりニュージーランド国公立小学校チャートウェルスクールとカリキュラム互換による合併事業に参加)
3. 1986/04~1992/03 大東文化大学 外国語学部英語学科 専任講師
4. 1988/04~2004/03 日本大学 法学部 非常勤講師
5. 1992/04~1997/03 大東文化大学 外国語学部英語学科 助教授
全件表示(17件)
■ 教員審査
1. 1999/04 大東文化大学外国語学研究科修士課程英語学専攻 文部省教員資格審査マル合(職名:専任教授、言語情報処理論担当)
2. 2005/04 大東文化大学外国語研究科博士課程後期課程英語学専攻文部科学省教員資格審査マル合(職名:専任教授、英語学特論Ⅲ・同演習担当)
■ 所属学会
1. 1988/11~ 日本英語学会
2. 1995/04~ 英語コーパス学会
3. 1997/04~ ∟ 運営委員
4. 2007/04~2009/03 ∟ 事務局長
5. 2009/04~2011/03 ∟ 副会長
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2009/04~ きらめき市民大学 副理事長(東松山市役所地域生活部文化まなび課)
■ 受賞学術賞
1. 2002/10 英語コーパス学会学会賞受賞(“English Corpus Linguistics in Japan”, Amsterdam and New York: Rodopi 2002)
■ 著書・論文等
1. 著書  Approaching Language Variation through Corpora  (共著)  2013
2. 著書  『コーパス言語学-言語構造と用法の研究』  (共著)  2003/05
3. 著書  English Corpus Linguistics in Japan本書(編者:齊藤俊雄、中村純作、山崎俊次)のpp.63-75に掲載した論文。  (共著)  2002/03
4. 論文  Comparing Adjective Comparison across Genre and Time in Standard Varieties of Modern English  (単著)  2013
5. 論文  The Use of Adjectives in Modern Written English: A Study of their Distribution in Five Corpora.  (単著)  2004/12
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/11/19 Lexical Analysis of Maori Influence on New Zealand English(Australex 2015)
2. 2003/04/24 Adjectival Comparison in Modern English(24th ICAME Conference.英国)
3. 2002/05/22 Comparison of Adjectives in Modern English(23rd ICAME Conference. スウェーデン)
4. 2001/05/16 Syntactic Chracteristics of Adjectives(22nd ICAME Conference. ベルギー)
5. 1999/05/28 Adjective-Noun Collocational Patterns in the Wellington Corpus(20th ICAME Conference.ドイツ)
全件表示(7件)
■ 講師・講演等
1. 1997/05 Collocations as a source of variation in English
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1986/10/01 国際理解とことばの教育
2. 2008/03/31 「英語コーパス研究」
●作成した教科書、教材
1. 1989/05/01 文部省認定 Practical English Course実用英語講座2級クラス
2. 1990/01/25 Word for Word
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2008/03/31 『Studies in English Corpus Linguistics』vols.Ⅸ
●教育に関する発表
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996/04~1999/03  コーパス利用によるニュージーランド英語の形容詞研究-アメリカ英語・イギリス英語との比較分析  個人研究  (キーワード:コーパス言語学)
2. 1999/04~2002/03  コーパス利用による形容詞の語彙文法研究  個人研究  (キーワード:コーパス言語学)
■ 在外研究歴
1. 1994/04/01~1995/03/31 ニュージーランド、ヴィクトリア大学 長期海外研究員、ニュージーランド英語の形容詞の研究。


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.