English >> TOPページ   


  アサノ ミヨコ
  浅野 美代子   法学部 法律学科   教授
■ 現在の専門分野
  統計科学 (キーワード:応用統計学、多変量解析) 
■ 主要学科目
情報論
■ 学歴
1. ~1974/03 お茶の水女子大学 理学部 数学科 卒業 理学士
2. 1994/04~1996/03 お茶の水女子大学大学院 理学研究科 情報科学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. ~2003/03 筑波大学大学院 経営・政策科学研究科 企業科学専攻 博士課程 博士(システムズ・マネジメント)
■ 職歴
1. 1974/04~1984/03 日本開発銀行 事務管理部 特定職
2. 1986/03~1989/06 有限会社エー・シー・エス  代表取締役社長
3. 1989/04~1990/03 東海大学 政治経済学部経営学科 非常勤講師
4. 1989/06~1998/03 株式会社エー・シー・エス 代表取締役社長(有限会社組織変更による)
5. 1993/04~1994/03 東洋大学 経済学部経済学科 非常勤講師
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 1974/04/01~2001/03/31 財団法人日本科学技術連盟多変量解析研究会 会員(1984.04.01~2001.03.31)運営委員
2. 1992/06/25~ 日本女性技術者フォーラム 会員(2002.04.01~2004.03.31)運営委員
3. 2006/09/01~2016/08/31 板橋区役所板橋区入札監視委員会 板橋区入札監視委員会副会長(2006.09.01~2016.08.31)
■ 所属学会
1. 1978/04~ 応用統計学会
2. 1978/04~ 日本オペレーションズ・リサーチ学会
3. 1996/09~ 日本行動計量学会
4. 1996/09~ 日本計算機統計学会
5. 1997/04~ 日本品質管理学会
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 1987/04~1989/03 上田地区テレナピア推進協議法人第3セクター株式会社テレコム・ユー 主任研究員 昭和62年4月~平成元年3月
2. 1994/02~1994/03 日本公務員センター 派遣講師(資料整理)平成7年2月~平成7年3月
3. 1998/04~2008/03 板橋区役所・大東文化大学共同研究 研究員(地域デザインフォラム)
4. 2004/02~2004/02 東松山市役所 東松山市きらめき市民大学「IT社会とコミニュケーション」講義
5. 2005/02~2005/02 東松山市役所 東松山市きらめき市民大学「IT社会とコミニュケーション」講義
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 1969/02/09 珠算一級(珠算能力検定合格証書 証65の1第50号)
2. 1985/02/12 第一種情報処理技術者(第一種情報処理技術者試験合格証書 第11600768号)
3. 1996/03/31 高等学校教諭専修免許(数学)、中等学校教諭専修免許(数学)
■ 受賞学術賞
1. 1999/11 社団法人私立大学情報教育協会 第7回情報教育方法研究会発表会奨励賞 研究題目:統計・計量経済学のためのインタライティブなインターネット教材の共同開発 東洋大学経済学部 渡辺美智子、門間麻紀 早稲田大学大学院アジア太平洋研究センター 桜井尚子 関西大学経済学部 橋本紀子 大東文化大学法学部 浅野美代子 立教大学社会学部 井上達紀、山口和範 日本経済新聞社電子メディア局 祷道守 以上
■ 著書・論文等
1. 著書  『チャレンジとイノベーション世界の起業家50人』  (共著)  2004/04
2. 著書  EXCELで楽しむ統計  (共著)  2004/02
3. 著書  『家計のミクロ統計分析』回帰分析の諸問題-計算機統計学の貢献とニューラルネットワークの特徴-  (共著)  2002/09
4. 著書  平尾淳一編『インターネットリテラシー』  (共著)  2002/04
5. 著書  地域デザインフォーラム(板橋区・大東文化大学の共同研究)「区民が趣味のグループ・団体にもとめるもの」  (共著)  2002/03
全件表示(35件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/09/08 The Comparison on policies of the Climatic Change and the Energy Acts of Japan and the UK, and the corresponding Statistical Data Analysis of their Energy-saving Consciousness and Actions by the Hybrid Approach to Neural Networks & Linear Regression.(統計関連学会連合大会2015年度)
2. 2010/11/09 The investigation of the amount of energy consumption in detached houses located on Nagano Prefecture.(CIB W062 36th International Symposium Water Supply and Drainage for Building)
3. 2008/12/05 Web-based Hybrid Approach to Neural Networks And Linear Regression Analysis.(Joint Meeting of 4th World Conference of the International Association for Statistical Computing (IASC) and 6th Conference of the Asian Regional of the IASC on Computational Statistics & Data Analysis)
4. 2008/05/22 An Application of Web-based Hybrid Approach of Neural Networks and the Linear Regression Model to the Water Supply forecast in Tokyo District 23.(日本計算機統計学会第22回大会)
5. 2007/11/29 何故ニューラルネットの予測能力は射影追跡回帰を上回るのか-ニューラルネットワークと線形回帰分析のハイブリッド解析法によるデータ解析の特徴- (第2回横幹連合コンファレンス)
全件表示(22件)
■ 講師・講演等
1. 1990/02 多変量解析によるポートフォリオ分析
2. 1993/12 貸与パソコンを活用した情報処理教育
3. 1994/07 企業収益性のトレンド分析
4. 1994/12 貸与パソコンを活用したウインドウズ教育
5. 1995/12 貸与パソコンを活用した情報処理-習塾度、評価感想を中心として-
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2002/03/25 授業運営のHP公開
2. 2006/04/01~ 授業運営の中でディスカッションをメーリングリストにより実施
●作成した教科書、教材
1. 2002/09/17 『インターネット時代の数量経済分析-基礎からニューフロンティアまで-』
2. 2004/02/05 『Excelで楽しむ統計』
3. 2004/04/10 『チャレンジとイノベーション世界の起業家50人』
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(27件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1974/04/01~1984/03/31 企業財務データによる定量的企業評価
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1974/04~1984/03  財務データによる定量的企業評価  国内共同研究  (キーワード:企業評価、財務分析、多変量解析)
2. 1987/04~1989/03  異業種POSシステム  国内共同研究  (キーワード:POSシステム、第3セクター、テレトピア(郵政省))
3. 1989/04~1994/09  企業の収益性分析  国内共同研究  (キーワード:財務分析、財務指標、多変量解析)
4. 2000/04~2006/03  町づくりとコミュニティ、コミュニティカレツジ  機関内共同研究  (キーワード:自治体と大学の共同研究、町づくり、コミュニティ)
5. 2006/04~  ニューラルネットワークと線形回帰分析のハイブリッド解析法Webシステム  国内共同研究  (キーワード:多変量解析、モデル選択、統計計算)
全件表示(7件)
■ 在外研究歴
1. 2005/04/01~2006/03/03 英国ウェストミンスター大学 大東文化大学より経費支給による長期海外研究派遣。海外出張
2. 2005/04/01~2006/03/31 英国ウエストミンスター大学 大東文化大学平成17年度海外長期研究員として、英国ウエストミンスター大学コンピュータ・サイエンス学部に派遣。 研究課題「ノンパラメトリック回帰とパラメトリック回帰の融合と金融・経営データへの適用」 海外長期研究
3. 2007 ポルトガルアルゴス大学 International Symposium on International Society for Business and Industrial Statistics (ISBIS2007)(ポルトガルアルゴス大学で開催) 研究報告 Web-based Hybrid Approach to Neural Networks and Linear Regression Analysis and its Application
4. 2007 ポルトガル国際会議場 56th Session of the ISI INTERNATIONAL STATISTICAL INSTITUTE (ISI2007)(ポルトガル国際会議場で開催) 研究報告 Data Analysis by the Hybrid Approach to Neural Networks and Linear Regression 平成19年度科学研究費補助金、基盤研究(C)、課題番号:19500241、研究代表者:浅野美代子 より経費支給による派遣。海外出張
5. 2007/08/13~2007/09/04 英国ウエストミンスター大学 School of Informatics, University of Westminster、Senior Academic & Director of International Operations Dr.Pijush Bhattacharyya、と共同研究
全件表示(6件)
■ メールアドレス
  
■ ホームページ
   浅野美代子ホームページ


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.