English >> TOPページ   


  ロク シャクシュン
  鹿 錫俊   国際関係学部 国際文化学科(アジア地域研究科 アジア地域研究)   教授
■ 主要学科目
東アジアの政治と国際関係
■ 学歴
1. 1988/07
(学位取得)
復旦大学 歴史学修士(史学硕士)
2. 1993/01
(学位取得)
復旦大学 法学博士
3. 1998/10
(学位取得)
一橋大学 博士(法学)
■ 職歴
1. 1995/04~1997/03 一橋大学 法学部 助手
2. 1997/10~1999/09 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
3. 2000/04~2004/03 島根県立大学 総合政策学部 助教授
4. 2002/01~ 中国復旦大学 韓国朝鮮研究センター 兼任研究員
5. 2004/04~2005/03 島根県立大学 総合政策学部 教授
全件表示(14件)
■ 教員審査
1. 1999/08 島根県立大学総合政策学部総合政策学専攻 文部科学省教員資格審査判定 担当科目:「国際関係史Ⅰ(東アジア)」、「日本外交史」、「フレッシュマン・セミナーⅠ」、「フレッシュマン・セミナーⅡ」、「総合化演習Ⅰ」、「総合化演習Ⅱ」、「総合化演習Ⅲ」、「総合化演習Ⅳ」、「卒業研究」等。
2. 2002/12 島根県立大学大学院北東アジア学研究科北東アジア学専攻 文部科学省教員資格審査判定 博士課程 Dマル合 担当科目:「日中関係論」、「日中関係Ⅰ・Ⅱ」、「北東アジア情勢分析」、「国際関係・地域研究特別研究指導」等
■ 委員会・協会等
1. 2003/04~2005/03 島根県総合教育審議会 委員
2. 2013/05/13~2014/03/31 独立行政法人大学評価・学位授与機構学位審査会 臨時専門委員
3. 2014/05/14~2015/03/31 独立行政法人大学評価・学位授与機構学位審査会 臨時専門委員
4. 2016/02/01~2016/03/31 独立行政法人大学評価・学位授与機構学位審査会 臨時専門委員
■ 所属学会
1. 1991/04~ 中国現代史研究会
2. 1991/04~ 日本国際政治学会
3. 1991/04~ 日本現代史研究会
4. 1999/04~ アジア政経学会
5. 2005/10~ 現代中国学会
■ 社会における活動
1. 2004/12~2004/12 島根県立大学公開講座「中国における社会保障制度の改革」 講師
2. 2010/10~2010/10 大東文化大学公開講座「戦後中国における日本人の留用問題」講師
3. 2012/09~2012/09 満州事変と現代日中関係をめぐって高原明生教授と服部龍二教授と『毎日新聞」で対談
4. 2012/11~2012/11 東京大学駒場祭京論壇「日中友好40周年記念公開パネルディスカッション」で講演
5. 2012/12~2012/12 ソーシャルアジア研究会で「中国の多元化と日中関係の展望」を題目に講演
■ 受賞学術賞
1. 1985/09 「江蘇省優秀教員」称号受賞(江蘇省政府)
2. 2012/01 「太田勝洪記念中国研究学術賞」受賞
■ 著書・論文等
1. 著書  『ハンドブック近代中国外交史』  (共著)  2019/04
2. 著書  『日中戦争とは何だったのか』  (共著)  2017/09
3. 著書  『蔣介石の「国際的解決」戦略ーー蒋介石日記から見る日中戦争の深層(1937-1941)』  (単著)  2016/02
4. 著書  『中国への多角的アプローチ Ⅲ』斎藤道彦編  (共著)  2014/03
5. 著書  『蔣介石研究――政治・戦争・日本』(山田辰雄・松重充浩編)  (共著)  2013/03
全件表示(78件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2021/10/09 「如何评价1931-33年間国民政府的对日政策ーー五个阶段与三点注意」(1931-33年間における国民政府の対日政策を如何に評価するか:五つの段階と三点の注意)(九一八事変90周年国際シンポジウム)
2. 2019/11/30 「日本學界對戰時中共史的研究」(日本の学界における中国共産党史の研究)(「抗战研究70年:回顾与展望”学术讨论会(学術研究会儀:抗日戦争史研究70年の回顧と展望)」)
3. 2019/10/25 「戦後国共関係における日本要因(The Japanese Issue in CPC-KMT Relations during the Post-War Years)」(学術講演会)
4. 2019/04/30 「西安事变后日本对华新认识的逆转过程---兼论中日战争爆发的心理因素」(特別講演会)
5. 2018/10/14 「中日矛盾是如何走向国际解决的?ーー中日外交博弈重大节点的考析(1931-1941)」(「第7次中外関係史国際学術討論会」)
全件表示(69件)
■ 講師・講演等
1. 2001/10 「1930年代中日蘇関係的両個問題」(於台湾師範大学歴史研究所)
2. 2006/03 「九一八事変後中国的対蘇政策」(於上海交通大学)
3. 2006/03 「如何看待日韓関於東亜外交的論争」(於上海復旦大学朝鮮韓国研究中心)
4. 2006/11 「中国建国に協力した国際友人」(於東京虎ノ門日本財団ビル)
5. 2007/03 「日本對六方会談共同文件的反応」(於上海復旦大学)
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2011/04/01~2015/03/31 大学院アジア地域研究科専攻主任
2. 2015/04/01~2019/03/31 大学院アジア地域研究科委員長
3. 2020/04/01~ 国際関係学部国際文化学科主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000  中国国民政府の対日政策  個人研究  (キーワード:中国、日本、政策)
2. 2001~2005/03  「戦後処理政策と地域秩序の再編--中国、台湾、香港、マカオの場合」  国際共同研究  (キーワード:戦後処理、地域研究、中国)
3. 2002~2005/03  「中国国民政府の対日政策:1934~1937年」  個人研究  (キーワード:国民政府、中日関係、外交)
4. 2002~2005/03  「共同体の再編と社会システム--江蘇省居民委員会の実地調査から見た現代中国」  国際共同研究  (キーワード:中国、社区、居民委員会)
5. 2002~2006/03  「満州残留旧日本軍人に関する調査研究:1945~1955年」  個人研究  (キーワード:残留、戦後処理、留用)
全件表示(9件)
■ 在外研究歴
1. 1995/10/03~1995/11/12 台湾大学、中国文化大学、中国国民党中央党史委員会、近代史研究所等 資料調査
2. 1998/12/07~1998/12/30 台湾 政治大学国際関係研究センター 訪問研究員
3. 2001/08/27~2001/10/08 台湾師範大学 客員研究員
4. 2007/07/31~2007/08/30 北京外国語大学 海外研究員
5. 2009/04~2010/03 Hoover Institution, Stanford University,USA. Visiting Scholar
全件表示(9件)
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.