English >> TOPページ   


  タナカ ヒロシ
  田中 寛   外国語学部 日本語学科   教授
■ 現在の専門分野
  日本語学 
■ 学歴
1. ~1974/03 立命館大学 文学部 史学科東洋史学専攻 卒業 文学士
2. ~1988/03 東京外国語大学大学院 外国語学研究科 日本語学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 2008/03/07
(学位取得)
立命館大学大学院人文科学研究科 文学博士(博乙四五〇号)
4. ~1983/07 中華人民共和国清華大学 中国語短期語学研修 留学
■ 職歴
1. 1974/05~1983/07 財団法人海外技術者研修協会関西研修センター、東京本部所属 日本語専任講師
2. 1977/03~1981/04 タイ国バンコク市タイ国法人泰日経済技術振興協会出向、日本語・タイ語専任講師
3. 1984/02~1985/08 中華人民共和国湖南省長沙 湖南大学 日本語・日本文学 講師
4. 1985/09~1986/03 財団法人国際学友会日本語学校日本語講師、淑徳保育専門学校日本語科日本語講師
5. 1986/04~1987/09 サンケイインターナショナル日本語センター主事、日本語専任講師
全件表示(21件)
■ 教員審査
1. 1999/04 大東文化大学大学院外国語学研究科教授(日本語学専攻)マル合(修士)指導教授資格
2. 2006/09 大東文化大学大学院外国語学研究科(日本言語文化学専攻)マル合(博士)指導教授資格
■ 委員会・協会等
1. 1996/01~1996/07 板橋区国際交流委員会 日本語教師養成講座講師
2. 2002/03/15 チェラローンコーン大学文学部 特別講演(戦時期日本におけるタイ語研究)
3. 2007/07/01~ NPO法人埼玉県日本中国友好協会 会長、及び同協会理事
■ 所属学会
1. 1981/06~ 社団法人日本語教育学会
2. 1987/07~2006/07 日本中国語学会
3. 1988/06~ 社団法人日本語教育学会
4. 1991/10~ 国語学会
5. 1992/04~2009/04 日本言語学会
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2002/03 北部タイ日本語教師の会(タイ・チェンマイ) 講演(対照研究からみた日本語教育)
2. 2002/03 泰日経済技術振興協会(タイ・バンコク) 講演(日タイ交流の過去・現在・未来)
3. 2002/11~2002/12 アルク主催 日本語教育能力検定試験対策講座講師
4. 2002/12~2002/12 アルク主催 日本語教育能力検定試験対策講座講師
5. 2002/12 アルク主催日本語教育能力検定試験対策講座講師 試験問題の解説と受験対策について
全件表示(9件)
■ 資格・免許
1. 1979/12 外国人のためのタイ国教育省タイ語検定試験合格
2. 1987/01 財団法人日本国際教育協会第一回日本語教育能力検定試験合格
■ 著書・論文等
1. 著書  戦時期における日本語・日本語教育論の諸相  (単著)  2015/02
2. 著書  日本語の心理構造 言語行動心理学序説  (単著)  2014/02
3. 著書  外国語教育と異文化理解の接点をもとめて  (共著)  2011/03
4. 著書  タイ語慣用句拾遺:ことわざ、成句、慣用句にみるタイ言語文化の世界  (共著)  2011/02
5. 著書  『パーフェクトフレーズ 日常会話中国語』  (共著)  2009/08
全件表示(253件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/11/21 「語りつぐ戦争」にみる日本人の戦争記憶ー「被害」のなかの「加害」意識ー(戦後70周年記念国際シンポジウム「戦争・対立から平和へー歴史研究の現場からのメッセージー」)
2. 2015/11/14 731部隊の記憶の継承とその意味(フェス・731の記憶)
3. 2015/11/08 安藤浩氏のタイ語学とタイ学ー草莽の言語文化研究から/へー(科学研究費による報告会)
4. 2015/11/07 複合辞・形式語研究からみた辞書の見出し語について-辞書に載せたい項目をめぐる調査報告-(語彙・辞書研究会シンポジウム)
5. 2007/12/22 「<かもしれない><かねない>とその周辺」(応用日本語学研究会(大東文化会館))
全件表示(29件)
■ 講師・講演等
1. 2001/10 日本語を学ぶ-日本語の文法-
2. 2001/11 日タイ交流のあけぼの-〈アジアへの夢〉から〈南進論〉へ-
3. 2002/03 対照研究から見た日本語教育
4. 2002/06 「目的表現をめぐる日中対照研究」
5. 2002/10 「日中国交回復30年の光陰」
全件表示(32件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~2001/03  対照言語学的視点・手法にもとづく、日本語とタイ語の基本語彙・語法に関する比較研究  個人研究  (キーワード:対照研究、モダリティ、ヴォイス)
2. 1999/04~2001/03  現代日本語における複文の記述的研究  個人研究  (キーワード:複文、条件節、補文節)
■ 科研費研究者番号
  60207131
■ 在外研究歴
1. 1976/06~1976/08 ミクロネシア(パラオ、トラック、ポフーペ) 私費研究調査(旧南洋群島の日本語語い調査)
2. 1977/03~1981/04 タイ国泰日経済技術振興協会 (財)海外技術者研修協会より派遣、タイ人に対する日本語教育のプログラム開発、在タイ邦人に対するタイ語教育の実施
3. 1983/07~1983/08 中国、清華大学 中国語短期留学(私費)
4. 1984/02~1985/08 中国、湖南大学 中国第一機械工業部からの招聘、湖南大学での日本語教育、日本事情教育に従事
5. 1995/07~1995/08 中国、北京、黒龍江省 私費研究調査(中国における日本語教育事情調査)
全件表示(15件)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.