English >> TOPページ   


  ニイノウ ユタカ
  新納 豊   国際関係学部 国際関係学科(アジア地域研究科 アジア地域研究)   教授
■ 現在の専門分野
  経済史, 文化人類学・民俗学, 地域研究(韓国) (キーワード:伝統技術 農耕文化) 
■ 主要学科目
東アジア地域研究5・6(韓国社会論A・B)
■ 学歴
1. 1970/04~1975/03 神奈川大学 経済学部経済学科 経済学部 経済学科 卒業 経済学士
2. 1978/04~1981/03 神奈川大学大学院 経済学研究科(修士課程) 経済学研究科 修士課程修了 経済学修士
3. 1981/04~1986/03 神奈川大学大学院 経済学研究科(博士課程) 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1984/04~1985/03 明治学院大学 経済学部 非常勤講師
2. 1985/04~1986/03 明治学院大学 経済学部 非常勤講師
3. 1986/04~1989/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 専任講師
4. 1989/04~2005/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 助教授
5. 2005/04~ 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 教授
■ 委員会・協会等
1. 1991/09~1994/03/31 神奈川県神奈川と朝鮮の関係史調査委員会・政治史小委員会委員
2. 2013/08/07~2015/06/30 東松山市基本構想審議会 委員
3. 2015/07/01~2017/06/30 鳩山町まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部 専門部会委員
4. 2015/07/21~2017/06/30 東松山市総合計画審議会 委員
■ 社会における活動
1. 1992/11~2007/03 特定非営利活動法人文化センター・アリラン 副館長
2. 2000/03~2007/03 特定非営利活動法人文化センター・アリラン 理事・副館長
3. 2015/04~2018/03 東松山市きらめき市民大学理事
■ 著書・論文等
1. 著書  『シルクロード学研究16(シルクロード学研究センター研究紀要) カシュガル地方の伝統的生産と生活文化』  (共著)  2003/03
2. 著書  神奈川と朝鮮の関係史調査委員会編『神奈川と朝鮮-神奈川と朝鮮の関係史調査報告書-』  (共著)  1994/03
3. 著書  韓国経済試論  (共著)  1984/05
4. 論文  朝鮮・在来犂の分布と歴史的展開  (単著)  2010/02
5. 論文  植民地期朝鮮における「畜牛改良増殖政策」の数量的検討  (単著)  2000/01
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2008/12/13 朝鮮・二頭引き在来犂の犂耕と農法(第12回常民文化研究講座「犂から見たアジアと日本」 主催:神奈川大学日本常民文化研究所)
■ 講師・講演等
1. 2012/05 古地図で見る600年
2. 2012/05 城郭都市・漢城
3. 2012/05 朝鮮王陵を巡るーソウル近郊
4. 2012/06 植民都市・京城
5. 2012/06 変貌し続けるソウル
全件表示(13件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2016/03 韓国現地研修テキスト(改訂版)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1992/04~1994/03  米の道-西アジア・地中海地域における米作社会の研究-  国内共同研究  (キーワード:米の道、米作社会、灌漑)
2. 1995/04~1998/03  アジアの伝統技術と芸術-伝統文化の未来性と振興策-  国内共同研究  (キーワード:伝統技術、風土、生活技術)
3. 2000/04~2002/03  カシュガル地方の伝統的生産・生活用具  機関内共同研究  (キーワード:ウィグル、生活技術、技術移転)
■ 科研費研究者番号
  10189235
■ 在外研究歴
1. 1990/04~1991/03 大韓民国・成均館大学校 客員研究員(長期海外研究員)、課題:韓国農村定期市場の構造と機能
2. 2010/04~2011/03 大韓民国・高麗大学校経商大学経済学科 客員研究員(特別研究期間) 課題:韓国在来犂の実測調査


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.