English >> TOPページ   


  アサノ ヨシハル
  浅野 善治   法務研究科 法務専攻   教授
■ 学歴
1. 1969/04~1972/03 慶應義塾志木高等学校 卒業
2. 1972/04~1976/03 慶應義塾大学 法学部 法律学科 卒業
■ 職歴
1. 1976/04 衆議院法制局入局 第4部第2課
2. 1992/10~1996/06 衆議院法制局 第2部第2課長
3. 1996/07~1999/12 衆議院法制局 第5部第2課長
4. 2000/01~2001/06 衆議院法制局 第3部副部長
5. 2001/07~2001/12 衆議院法制局 第1部副部長
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2005/11~ 日弁連法務研究財団 法科大学院認証評価 評価員
2. 2007/04~2016/05 日本建築士事務所協会連合会 理事
3. 2010/06~ 杉並区情報公開・個人情報保護審査会 委員(2016 .9~会長)
4. 2012/09~ 自治医科大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会 委員
5. 2012/09~ 自治医科大学附属病院ヒト幹細胞臨床研究倫理審査委員会 委員
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1998/10~ 日本公法学会
2. 2004/08~ 比較憲法学会
3. 2005/09~ 慶應法学会
4. 2006/11~ 法文化学会
5. 2009/03~ 日本法政学会
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2004/04~ 日本経営協会 自治体職員研修 講師
2. 2007/09~2010/03 全国市町村研修財団 市町村職員中央研修所 講師
■ 資格・免許
1. 衆議院法制局採用試験合格  国家公務員採用Ⅰ種試験(当時国家公務員採用上級甲種試験)相当
■ 著書・論文等
1. 論文  憲法改正を発議する国会の性格  (単著)  2015/05
2. 論文  「国会の国権の最高機関性」再考  (単著)  2012/03
3. 論文  「国政調査権の本質 -試論として-」『慶應の法律学 公法Ⅰ 慶應義塾創立一五〇年記念法学部論文集』  (単著)  2008/12
4. 論文  大石報告に対するコメント : いわゆる「ねじれ国会」の状況における両議院の権能 : 両院制運用への展望  (単著)  2012/09
5. 論文  「日本国憲法における両院制 -一つの考え方-」  (単著)  2007/10
全件表示(56件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/10/24 「北九州市の地方創生への取組みについて」北橋健治北九州市長講演に対する討論(地方政治学会・地域政治学会 2015年度北九州大会)
2. 2015/05/31 [地方から創生するわが国の未来」石破茂地方創生担当大臣講演に対する討論(日本地方政治学会・地域政治学会 2015年度東京大会)
3. 2014/05/31 「地域から国家を変える」山田宏報告に対する討論(日本地方政治学会・地域政治学会 2014年度東京大会)
4. 2014/03/25 「政府・与党の政策形成過程」(日本地方政治学会・地域政治学会 特別研究会)
5. 2013/11/02 「国策の擬制強要と沖縄の自立」報告に対する討論(日本地方政治学会・地域政治学会2013年度沖縄研究大会)
全件表示(17件)
■ 講師・講演等
1. 2003/01 読売新聞社調査研究本部研究会において「生命倫理と憲法」について説明
2. 2004/11 法と政策(小田原)
3. 2011/09 二元代表制における議会の権能
4. 2012/02 地方議会の在り方と議会基本条例 -二元代表制か議会内閣制かー
5. 2013/01 地域主権時代における議会のあり方
全件表示(19件)
■ 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2008/07~ 国際基督教大学授業評価
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2009/03  変革期における新たな立法動向と多元的立法過程に関する比較的・総合的研究  国内共同研究  (キーワード:国会、立法、立法過程)
2. 2006/04~2007/03  国会の財政監督機能を通じた行政監督のあり方の実証的研究  個人研究  (キーワード:国会、財政、行政監督)
3. 2009/04~2013/03  二院制の比較立法過程論的研究  国内共同研究 
4. 2013/04~2016/03  二院制に関する動態論と規範論の交差的研究  国内共同研究 
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.