English >> TOPページ   


  スズキ ヒロノリ
  鈴木 敬了   外国語学部 英語学科(外国語学研究科 英語学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  英語学 (キーワード:英語史、古英語、コーパス言語学) 
■ 主要学科目
[学部]ゼミナールIII [大学院前期課程] 英語学演習III、英語学特殊研究III [大学院後期課程] 英語学特論 I、英語学特別演習 I
■ 学歴
1. 1977/04~1982/03 早稲田大学 教育学部 英語英文学科 卒業 文学士
2. 1990/04~1992/03 国際基督教大学大学院 教育学研究科 英語教育法 修士課程修了 修士(教育学)
3. 2004/04~2006/03 東北大学大学院 情報科学研究科 人間社会情報科学専攻言語情報学講座 博士課程修了 博士(情報科学)
■ 職歴
1. 1993/04~2002/03 奥羽大学 文学部英語英文学科 専任講師
2. 2002/04~2003/09 奥羽大学文学部英語英文学科助教授昇任
3. 2003/10~2006/09 独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校コミュニケーション情報学科 助教授
4. 2006/03~ フィンランド、ヘルシンキ大学英語歴史言語学研究所 客員研究員
5. 2006/10~2007/03 独立行政法人国立高等専門学校機構福島工業高等専門学校コミュニケーション情報学科教授昇任
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1990/04~ 日本中世英語英文学会
2. 2010/04~2016/03 ∟ 評議員
3. 2011/04~2012/03 ∟ 東支部代表幹事・事務局
4. 2013/04~2014/03 ∟ 東支部代表幹事・事務局
5. 1990/04~ 日本英文学会
全件表示(16件)
■ 著書・論文等
1. 著書  『英語教師のための英語史』vii+270頁、開拓社  (共著)  2018/06
2. 論文  Andreas H. Jucker and Irma Taavitsainen, English Historical Pragmatics, Edinburgh: Edinburgh UP, 20l3,Xlll+236 pp.  (単著)  2016/07
3. 著書  Michio Hosaka, Michiko Ogura, Hironori Suzuki, Akinobu Tani (eds.), Phases of the History of English: Selection of Papers Read at SHELL 2012. Frankfurt am Main: Peter Lang, 384 pp.  (共著)  2013/11
4. 論文  “On MV/VM Order in Beowulf," in Christian Kay,Simon Horobin,Jeremy Smith (eds.), New Perspectives on English Historical Linguistics: Selected Papers from 12 ICEHL, Amsterdam: John Benjamins, pp. 195-213.  (単著)  2004/08
5. 論文  "Metrical Influences on Constructions with Complex Predicates in an Old English Long-Line Poem, Guthlac A," in Studies in Modern English: The Thirtieth Anniversary Publication of the Modern English Association(近代英語協会編、30周年記念論文集)Tokyo: Eihosha, pp.219-233  (単著)  2014
全件表示(41件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2017/07/03 The Composition of Constructions with Multiple Predicates in Old English Poetry(International Medieval Congress 2017, University of Leeds, UK)
2. 2016/05/29 「詩人はどのように詩をつくったのか―頭韻と語順の関係から―」(日本英文学会第88回全国大会 第10部門 シンポジウム全体テーマ 「中世頭韻詩の通時的・共時的研究の現状と課題」京都大学)
3. 2014/07/15 "On MV/VM order in Old English long-line poetry," ICEHL18, KU Leuven, Belgium.(第18回 英語歴史言語学会国際会議 ICEHL18 ベルギー、ルーベン大学)
4. 2012/09/03 “Metrical Influences on Construction with Complex Predicates in Old English Hypermetric Verses”, SHELL 2012 (The 4th International Conference of the Society of Historical English Language and Linguistics), Keio University, Japan.(SHELL 2012(第4回英語史研究会国際会議、慶應義塾大学)
5. 2012/08/21 “On
MV/VM
order 
in 
Genesis B”, ICEHL 17, University of Zurich, Switzerland.(第17回 英語歴史言語学会国際会議 ICEHL 17 スイス、チューリッヒ大学)
全件表示(23件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2018/06/26 『英語教師のための英語史』vii+270頁、第2章 Beowulf(ベーオウルフ)(pp. 30-51)、開拓社,2018年
●教育に関する発表
1. 1996/01 「日英語比較による効果的英語学習法」
2. 2005/08/04 「福島高専コミュニケーション情報学科における英語教育」
3. 2007/06/12 「大学で英語を学ぶ」
4. 2015/10/10 「英語教育と歴史英語学の接点:群れをなすから複数形もsheep なのか」 筑波大学大塚英語教育研究会講演会講師
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1994  「古英語における語順変化のメカニズムに関する実証的研究」課題番号06710293  単独 
2. 2005/04~2008/03  「古英語詩の語順決定要因に関する実証的研究および電子コーパスの構築」課題番号17520339  個人研究 
■ 科研費研究者番号
  70254886
■ 在外研究歴
1. 2012/04/01~2013/03/31 オックスフォード大学英文学部、リネカーカレッジ 古英語詩と散文の統語的比較および電子データベースの構築


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.