English >> TOPページ   


  タカヤマ シゲノブ
  高山 成伸   スポーツ・健康科学部 健康科学科(スポーツ・健康科学研究科 スポーツ・健康科学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  血液内科学, ウイルス学, 免疫学, 病態検査学 
■ 主要学科目
免疫学 免疫検査学 輸血移植学
■ 学歴
1. ~1979/03 北里大学 衛生学部 衛生技術学科 卒業 衛生学学士
2. ~1981/03 北里大 大学院 修士課程修了 学術修士
3. ~2000/07 東邦大学 医学研究科 博士課程 博士(医学)
■ 職歴
1. 1981/04~1988/06 聖マリアンナ医科大学 臨床検査部
2. 1988/07~1992/09 聖マリアンナ医科大学 輸血部
3. 1992/10~2001/06 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 特殊検査・共同利用研究施設
4. 2001/07~2002/10 株)ウエルネス医療研究所
5. 2002/11~2005/03 株)エスアールエル 技術開発部
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 1992~1996 厚生省HIV感染者発症予防・治療研究班(山田班)HCV小委員会
2. 1997~1999 厚生省HIV感染者発症予防・治療研究班(福武班)肝炎小委員会
3. 2011/04~2016/04 日本検査血液学会  編集委員
4. 2012/04~ 生物試料学会 編集委員
5. 2015/04~2018/03 文部科学省 大学設置・学校法人審議会 大学設置分科会 保健衛生A専門委員
■ 所属学会
1. 2005~ 日本検査血液学会
2. 2012~2016 ∟ 評議員
3. 2015/04~ 日本輸血細胞治療学会
4. 日本臨床検査教育学会
5. 2010/04~2015/03 ∟ 評議員
全件表示(8件)
■ 社会における活動
1. 2010/04~2015/03 日本臨床検査技師教育学会 評議員
2. 2011/04~ 生物試料分析学会 評議員
3. 2012/04~ 日本検査血液学会 評議員
■ 取得特許
1. 2003/06 血中インスリン濃度測定用添加組成物及びこれを含む採血管 (特許4163056)
■ 著書・論文等
1. 著書  臨床検査学実習書シリーズ  (共著)  2010/06
2. 著書  臨床検査講座 免疫検査学  (共著)  2008/06
3. 著書  臨床検査 臨地実習マニュアル-第3版-  (共著)  2006/05
4. 著書  PIVKA II-臨床血液検査-  (共著)  1991/07
5. 論文  副腎皮質ステロイドの凝血学的影響:免疫性血小板減少症およびヒト肝癌細胞株HepG2細胞における検討  (共著)  2017/08
全件表示(55件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2020/07/11 LA検査におけるDOACsの吸着剤(DOAC-Stop)の有用性(第21回 日本検査血液学会)
2. 2020/06/18 LA検査におけるDOACsの影響回避のためのDOAC-Stop(DOACs吸着剤)の有用性(第42回 日本血栓止血学会)
3. 2020/06/18 ヒト肝類洞内皮細胞を用いた糖質コルチコイドのFVIII産生への影響(第42回 日本血栓止血学会)
4. 2019/07/06 LA検体の等量混和試料による凝固波形解析法の検討(第20回日本検査血液学会)
5. 2018/07/22 合成基質法による第IX因子活性測定の評価(第19回日本検査血液学会)
全件表示(120件)
■ 講師・講演等
1. 1991/10 各種HCVマーカーの検討<第38回日本臨床病理学会:HCVシンポジウム>
2. 1992/02 演題:「C型肝炎検査」
3. 1994/06 演題:「DICとFDP」
4. 1996/07 肝障害:C型肝炎とその治療 〈第37回日本小児血液学会:血友病ワークショプ>
5. 1998/07 遺伝子診断とウイルス感染症〈第35回マリアンナ医学会シンポジウム〉
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/04~ 視覚教材の作成と利用
2. 2007/12~ 高度臨床検査技術の導入
●作成した教科書、教材
1. 2007/12~ 免疫検査学/輸血検査学の実習書および記入式実習レポートの作成と利用
2. 2008/10~ 臨床検査 臨地実習マニュアル(医歯薬出版社) 分担執筆
3. 2010/03~2016/12 臨床検査学講座 「免疫検査学」 医歯薬出版社 分担執筆
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●教育に関する発表
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2011/03  凝固学的および免疫学的測定によるFⅧインヒビターの検討  国内共同研究 
2. 2012/04~2013/03  抗Xa阻害薬による抗凝固効果の解析と適切な凝固モニタリング法に関する検討  国内共同研究 
■ 科研費研究者番号
  50407657
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.