English >> TOPページ   


  モリタ ケイコ
  森田 恵子   スポーツ・健康科学部 看護学科   教授
■ 現在の専門分野
  高齢看護学 (キーワード:高齢難聴者 看護師 コミュニケーション) 
■ 主要学科目
老年看護学
■ 学歴
1. 桜美林大学 老年学研究科 老年学専攻 博士課程修了 博士(老年学)
■ 職歴
1. 2013/04~2019/03 日本医療科学大学 保健医療学部・看護学科 教授・看護学科長
■ 教員審査
1. 2017/10 大東文化大学スポーツ・健康科学部看護学科設置申請における教員資格審査の結果、教授「基礎ゼミナール」「老年看護学概論」「老年看護学方法論Ⅰ」等マル合と判定された。
■ 所属学会
1. 2003~ 日本看護学教育学会
2. 2005~ 日本認知症ケア学会
3. 2006~ 日本老年看護学会
4. 2008~ 日本公衆衛生学会
5. 2014~ 日本応用老年学会
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2013/06 聴力・認知機能を保ち、健やかに老年期を過ごそう
2. 2016/04~2019/03 公益財団法人日本高等教育評価機構 評価員
3. 2018/06 加齢性難聴について:第2部 加齢性難聴に応じたコミュニケーション方法
■ 資格・免許
1. 看護師免許
■ 受賞学術賞
1. 2011/10 日本創造学会論文賞
■ 著書・論文等
1. 著書  最新老年心理学  (共著)  2018/07
2. 著書  生理学実習NAVI第2版  (共著)  2017/01
3. 著書  基礎講座:老年心理学の最前線③ 高齢者の感覚の特徴  (共著)  2015/03
4. 論文  加齢性難聴の早期発見に向けた指こすり・指タップ音聴取検査の妥当性の検討  (共著)  2018/06
5. 論文  高齢難聴患者が看護師に期待するコミュニケーション-KJ法による正常聴力者との対比  (共著)  2017/07
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/08 専門職連携教育がコミュニケーション・スキルに及ぼす影響(全国リハビリテーション学校協会第31回教育研究大会・教員研修会)
2. 2018/05/18 Effects of non-pharmacological care on the cognitive-impaired older adults-Evaluated by MMSE and CDT readings(The 10th International Academic Conference,)
3. 2018/05/18 Use of Pursed-Lips Breathing for Clients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease -A Case Study(The 10th International Academic Conference)
4. 2017/08 フィジカルアセスメントとしての指こすり・指タップ音検査の妥当性検討(日本看護学会教育学会第27回学術集会)
5. 2017/06 高齢者擬似体験装具が体力テストへ及ぼす影響(第59回日本老年医学会学術集会)
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2018/03  高齢者の簡易的聴覚機能評価の開発と効果的な言語的コミュニケーション方法の解明  国内共同研究 
2. 2018/04~2021/03  高齢難聴患者の対処行動を支援するための患者・看護師への研修の開発  国内共同研究 


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.