English >> TOPページ   


  イケモト キョウコ
  池本 今日子   文学部 歴史文化学科   准教授
■ 主要学科目
西洋史概説、歴史学、文化史
■ 学歴
1. 1990/04~1993/03 早稲田大学 文学研究科 西洋史 修士課程修了
2. 1993/04~1998/03 早稲田大学 文学研究科 西洋史 博士課程単位取得満期退学
3. 2004/02
(学位取得)
早稲田大学 博士(文学)
4. 1994/09~1995/08 モスクワ大学 歴史学部 留学
5. 1997/07~1997/08 北海道大学 スラブ研究センター鈴川基金奨励研究員
■ 職歴
1. 1997/06~1998/03 横浜国立大学教育学部 非常勤講師
2. 1998/04~2001/03 早稲田大学第一文学部 非常勤講師
3. 1999/08~2018/03 日本大学 非常勤講師
4. 2000/07~ 早稲田大学ヨーロッパ文明史研究所 招聘研究員
5. 2002/04~2018/03 早稲田大学文学部(文学学術院) 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. ロシア史研究会
2. 日仏歴史学会
3. 日本18世紀ロシア研究会
4. 日本西洋史学会
5. 早稲田大学史学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文等
1. 著書  『ロシア皇帝アレクサンドル一世の外交政策――ヨーロッパ構想と憲法』  (単著)  2006
2. 論文  「ロシアにおける世論政策の試み--ナポレオン戦争を背景として」  (単著)  2018
3. 論文  「ロシア皇帝アレクサンドル1世と「市民ミーニンとポジャルスキー公の像」(1818年)」  (単著)  2017
4. 論文  「ポジャルスキーとミーニンの記憶(17-18世紀)――モスクワ解放とロマノフ選出のことなど」  (単著)  2017
5. 論文  「ロシアの欧州協調路線」  (単著)  2016
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/09 ア レクサンドル1世とミーニンとポジャルスキー像(1818)(日本18世紀ロシア研究会大会)
2. 2014/01 モスクワ解放とロマノフ選出の記憶――18世紀末~19世紀初めを中心に(早稲田大学ロシア研究所例会)
3. 2012/10/07 アレクサンドル1世の世論=社会政策――ナポレオン戦争を背景にして(ロシア史研究会大会)
■ 講師・講演等
1. 2017/08 エカチェリーナ2世ー貴族たちと「愛」で結ばれたロシアの女帝
2. 2017/12 ロシア・ロマノフ宮廷ーー時代の変転とその舞台


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.