English >> TOPページ   


  スギモリ ヒロキ
  杉森 裕樹   スポーツ・健康科学部 看護学科(スポーツ・健康科学研究科 スポーツ・健康科学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  公衆衛生学・健康科学, 衛生学, 医療社会学, 血液内科学, 応用健康科学, メディア情報学・データベース (キーワード:予防医学、臨床疫学、リスクコミュニケーション、ヘルスリテラシー) 
■ 主要学科目
公衆衛生学、健康情報学、疫学
■ 学歴
1. 1983/04~1989/03 北海道大学 医学部 医学科 卒業 医学士
2. ~1998/09 昭和大学 医学研究科 衛生学 博士課程修了 博士(医学)
3. ~2004/03 The University of Newcastle in Australia Master course of Medical Science, Clinical Epidemiology 修士課程修了 MMedSc(Clin Med)
■ 職歴
1. 1989/04~1991/03 東京女子医科大学附属病院 血液内科 医療錬士
2. 1991/04~1992/03 東京女子医科大学附属病院 血液内科 医員
3. 1993/04~1995/03 牧田総合病院 内科および健診センター 医師
4. 1995/04~1999/03 昭和大学 医学部衛生学 助手
5. 1999/04~2000/03 聖マリアンナ医科大学 医学部予防医学 助手
全件表示(18件)
■ 教員審査
1. 2008/10 大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において、大東文化大学スポーツ・健康科学研究科スポーツ・健康科学専攻(修士課程)教授「予防医学」「予防医学演習」M可「健康情報科学特別研究A」「健康情報科学特別研究B」(M合○)と判定
■ 委員会・協会等
1. 1998/04/01~2000/03/31 川崎市健康福祉局「川崎市健康づくり推進モデル地区調査事業」検討委員会(平成10年~11年度) 分科会会長
2. 2000/04/01~2004/03/31 川崎市健康福祉局「かわさき健康ニューファミリー育成・健康資源開発モデル事業」検討委員会 助言者
3. 2001/04/01~2002/03/31 日本学術会議第7部 個人情報保護基本法問題小委員会(田中平三委員長)予防医学研究連絡委員会 報告書作成ワーキンググループ委員会「医学研究からみた個人情報の保護に関する法制の在り方について」(平成13年度) 報告書作成ワーキンググループ委員会委員
4. 2001/04/01~2012/03/31 独立行政法人放射線医学総合研究所(NIRS) 編集委員
5. 2002/04/01~2004/03/31 一般社団法人 日本骨粗鬆症学会 子どもの骨折予防委員会(委員長: 清野佳紀) 委員
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 1989/10~ 日本内科学会
2. 1991/01~ International Epidemiology Association(IEA)
3. 1991/01~ 日本疫学会
4. 2010/11~2015/06 ∟ 評議員
5. 1992~2007/03 日本骨形態計測学会
全件表示(33件)
■ 社会における活動
1. 1999/04~2005/03 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS) 健診データ標準化委員
2. 1999/04~2005/03 独立行政法人労働福祉事業団神奈川産業保健推進センター産業保健相談員・メンタルヘルス相談員
3. 2011/04~2017/03 特定非営利活動法人エキスパートイメージングアンドインターベンショナルサポート 理事
■ 資格・免許
1. 1989/06 医籍登録(第327506号)
2. 1998/01 日本医師会認定産業医(第9702365号)
3. 2015/04/01 人間ドック健診専門医・指導医(第0356号)
4. 2017/03/31 社会医学系専門医協会 指導医、専門医(指17-170999)
■ 受賞学術賞
1. 2000 平成12年度協栄生命研究助成受賞
2. 2002 日本健康科学学会大島賞受賞「生活機能質問票によるヘルスアセスメントの試み」
3. 2003 日本健康科学学会大島賞受賞「地域住民の生活習慣病調査-夫婦間の生活習慣および生活習慣病の関連性の検討-
■ 著書・論文等
1. 著書  読んでわかる! 疫学入門  (共著)  2019/04
2. 著書  男性も女性も知っておきたい 妊娠・出産のリテラシー  (共著)  2018/12
3. 著書  FDAリスク&ベネフィット・コミュニケーション エビデンスに基づく健康・医療に関する指針  (共著)  2015/11
4. 著書  がん・生殖医療におけるシェアード・ディシジョン・メイキング (特集 がん・生殖医療の連携体制構築へ向けて)  (単著)  2015/08
5. 著書  臨床研究マイスターへの道 医科統計学が身につくテキスト  (単著)  2014/12
全件表示(183件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2005 右上大静脈欠損を伴う左上大静脈遺残症の診断で経静脈性コントラスト心エコー法が有用であった1例(超音波医学(1346-1176)32巻2号,210)
2. 2005 高感度CRPの経時的変化と健診所見(第3報)(産業衛生学雑誌(1341-0725)47巻増刊,657)
3. 2004 Protein energy malnutrition患者の食事・栄養管理サービス(NCM)に関する研究 公的病院連合加盟病院における実態調査(病院管理(0386-9571)41巻Suppl,161)
4. 2004 データマイニング手法による生活習慣と検査異常に関する分析(日本総合健診医学会第32回pp319)
5. 2004 データマイニング手法を用いた体力と健診結果との関連(日本総合健診医学会第32回pp362)
全件表示(106件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996~1996  「無症候性脳梗塞の有無とn-3系不飽和多価脂肪酸の関係についての研究」  個人研究 
2. 1997~1997  「成長期における骨発育に影響する要因の検討-超音波法による小児骨量評価-」  国内共同研究 
3. 1997~1998  「成長期における骨発育に影響する関連要因の検討-超音波法による小児骨量評価-」  個人研究 
4. 1997~1997  「職域における新たな癌検診手法を導入する際の評価技法に関する研究ヘリカルCTと肺がん検診-会員制検診組織での事例-」  個人研究 
5. 1998~1999  厚生省科学研究費「疫学研究におけるインフォームド・コンセントに関する研究と倫理ガイドライン策定研究」  国内共同研究 
全件表示(34件)
■ 科研費研究者番号
  20276554
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.