English >> TOPページ   


  スダ トシヒコ
  須田 敏彦   国際関係学部 国際関係学科(アジア地域研究科 アジア地域研究)   教授
■ 現在の専門分野
  農業経済学 (キーワード:農業経済学、南アジア経済論、日本農業論) 
■ 主要学科目
現代南アジア経済論
■ 学歴
1. 1982/04~1986/03 東京大学 農学部 農業経済学科 卒業
2. 1986/04~1988/03 東京大学大学院 農学系研究科 農業経済学専攻 修士課程修了
3. 2003/05/12
(学位取得)
東京大学 博士(農学)
■ 職歴
1. 1988/04~1990/10 青年海外協力隊(バングラデシュ農村開発アカデミー研究部に研究員として配属) 青年海外協力隊員
2. 1991/04~1991/11 国際協力事業団青年海外協力隊駒ヶ根研修所 語学教師(ベンガル語)
3. 1992/04~2005/03 (株)農林中金総合研究所 研究員
4. 2005/04~2007/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 助教授
5. 2007/04~2015/03 大東文化大学 国際関係学部国際関係学科 准教授
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2013/04~ 市民団体と協力して埼玉県東松山市岩殿地区における里山保全、耕作放棄地削減活動
■ 著書・論文等
1. 著書  『インド農村金融論』  (単著)  2006/08
2. 著書  『日本農業の基本理論』  (単著)  2006/07
3. 著書  翻訳分担:第1章「岐路に立つ農業協同組合」    2000
4. 論文  ネパールの海外出稼ぎ労働者―急増の背景と地震災害からの復興における役割-  (単著)  2016/03
5. 論文  増加する南アジアからの海外出稼ぎ労働者-マイクロファイナンスに期待される新たな役割-  (単著)  2014/06
全件表示(46件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/11/14 The Roles of Foreign Remittance and Financial Institutions in Recovery from Earthquake Disaster of Nepal(Social Transformation and Cultural Change in South Asia - From the Perspectives of the Socio-economic Periphery-)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2009/04 演習における野菜作りの実習
2. 2013/04/01~ 市民団体と連携し演習の実習として里山保全活動を行う
●作成した教科書、教材
1. 2008/03/31 新入生の導入教育用テキスト。
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2009/03  ベトナム農業・農村の構造変動と関連機関の役割に関する実証的研究  国内共同研究 
2. 2007/04~2010/03  南アジア諸国の経済自由化が農村貧困層に与える影響の実証的研究  個人研究  (キーワード:南アジア、農村、貧困)
3. 2011/04~2014/03  グローバル化と変貌する南アジアのマイクロファイナンス  国内共同研究 
4. 2014/04~  海外出稼ぎが南・西アジア農村の社会経済に与える影響についての実証的研究  機関内共同研究 
■ 科研費研究者番号
  00407652
■ 在外研究歴
1. 1988/07/10~1990/10/09 バングラデシュ 青年海外協力隊員(職種:経済)としてバングラデシュ農村開発アカデミーにおいて「農村経済研究」に従事
2. 1995/12~1997/03 ベトナム 合計6ヶ月間、JICAコンサルタントとして農村経済調査に従事。
3. 1998/01~1998/09 インド 合計6ヶ月間(国際協同組合同盟アジア太平洋事務所客員研究員)、農業・農協・農村金融の調査で滞在。
4. 2010/04/01~2011/03/31 国際半乾燥熱帯作物研究所、インド 大東文化大学の長期海外研究制度により派遣。客員研究員(visiting scientist)として南アジアの農村経済研究に従事。


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.