English >> TOPページ   


  ゴトウ タカヤ
  後藤 孝也   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 主要学科目
遺伝学 臨床病態学 放射線化学特論
■ 学歴
1. 香川医科大学 医学部 卒業 学士
2. 1992/04~1995/03 香川医科大学 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 1996/04~1997/07 香川医科大学 医学部 文部教官助手(現在の助教)
2. 1997/07~2001/03 Tufts University School of Medicine Biochemistry, Genetics リサーチフェロー
3. 2001/04~2002/04 愛媛大学 医学部医学科 文部科学教官助手(現在の助教)
4. 2002/04~2004/03 東京大学医科学研究所 細胞ゲノム動態解析 研究所助手(現在の助教)
5. 2004/04~2011/03 自治医科大学 医学部 講師(常勤)
全件表示(7件)
■ 資格・免許
1. 1992/05 医師免許 第350657号
2. 2009/02 第1種 放射線取扱主任者免許 第24522号
■ 著書・論文等
1. 著書  最新 臨床検査医学講座 保健医療福祉概論  (共著)  2018
2. 著書  研修教材 
放射性物質に対処した森林作業道づくり  (共著)  2013/06
3. 著書  研究留学術 第2版
研究者のためのアメリカ留学ガイド  (共著)  2012/03
4. 著書  研究留学術
研究者のためのアメリカ留学ガイド  (共著)  2002/03
5. 著書  ホンネのアメリカ留学マニュアル  (共著)  2000/05
全件表示(37件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2012/06 Fukushima Nuclear Accident(European Association of Poisons Centres and clinical Toxicologist, XXXII International Congress,)
2. 2001/08 Prenylation of target GTPases contributes to signaling specificity of RasGRF(Gordon Conference,)
3. 2000/09 Differential Regulation of Ras Effector Signaling by Protein Kinase C(16th Annual Meeting On Oncogenes)
4. 1996/03 Identification of Rap1 as a target for the Crk SH3 Domain-Binding Guanine Nucleoide Releasing Factor C3G(Kystone Symposia On Molecular & Cellular Biology)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2005/03  神経細胞におけるカルシウムによるRas活性化機構の解析  機関内共同研究 
2. 2005/04~2007/03  内因性突然死関連遺伝子同定に向けた遺伝疫学ならびに分子遺伝学的研究  機関内共同研究 
3. 2007~2007  病態機能蛋白発現解析  個人研究 
4. 2007/04~2010  ゲノム網羅的解析による神経線維腫症発症機構の解明と悪性化因子の同定  国内共同研究 
5. 2009/04~2012/03  プロテオミクスを応用した神経線維腫症発生機構の解析と悪性化因子の同定  国内共同研究 
全件表示(8件)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.