English >> TOPページ   


  ヒメタ マリコ
  姫田 麻利子   外国語学部 英語学科   教授
■ 現在の専門分野
  言語文化教育 
■ 主要学科目
フランス語, 社会科学研究
■ 学歴
1. 1992/04~1995/03 上智大学 文学研究科 フランス文学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/10~1997/09 パリ第3大学 言語教育研究科 DEA課程 修了 (言語文化教育学)
3. 1999/10~2006/01 パリ第3大学 言語教育研究科 博士課程修了 博士(言語文化教育学)
■ 職歴
1. 2002/04~2005/03 大東文化大学 文学部教育学科 講師
2. 2005/04~2007/03 大東文化大学 外国語学部英語学科 講師
3. 2007/04~2015/03 大東文化大学 外国語学部英語学科 准教授
4. 2015/04~ 大東文化大学 外国語学部英語学科 教授
■ 所属学会
1. 1995/10~ 日本フランス語教育学会
2. 2003/05~2009/05 ∟ 理事
3. 2015/05~ ∟ 理事
■ 社会における活動
1. 2014/04~2014/09 NHK「テレビでフランス語」講師
2. 2015/04~2015/09 NHK「テレビでフランス語」講師
3. 2017/10~2018/09 NHKラジオ「まいにちフランス語応用編」講師
■ 著書・論文等
1. 論文  移動の経験という資本  (単著)  2018/07
2. 論文  Évolution du portrait de langues après la mobilité étudiante  (単著)  2017/09
3. 論文  言語ポートレート活動について  (単著)  2016/05
4. 論文  間を見つける力―外国語教育と異文化間能力  (単著)  2015/10
5. 論文  Observation de la culture cible : première étape d'une prise de conscience interculturelle  (単著)  2012/12
全件表示(17件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2017/11/18 移動の資本について(上智大学フランス語フランス文学会)
2. 2017/09/21 Plurilinguismes et francais dans une université anglophone au Canada : discours, pratiques et transformations didactiques(IVe Congres regional de la Commission Asie-Pacifique, FIPF)
3. 2017/07/25 How do language teachers identify themselves as intercultural mediators while supporting students' mobility?(AILA, World Congress Rio 2017)
4. 2017/04/15 新しい社会のアイデンティティ戦略—応える、見やぶる(第3回<移動とことば>研究会)
5. 2016/10/16 言語ポートレートと複数言語使用(日本フランス語教育学会2016年度秋季大会)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2014/04~2014/09 NHKテレビテキスト『テレビでフランス語』
2. 2015/04~2015/09 NHKテレビテキスト『テレビでフランス語』
3. 2017/10~2018/09 NHKテキスト『まいにちフランス語』(応用編)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2009/03  異文化体験の主観的記述を促す教材の工夫-『言語ポートフォリオ』のために  国内共同研究  (キーワード:フランス語、異文化)
2. 2010/04~2013/03  言語越境者が自己評価する能力の考察  個人研究  (キーワード:複言語、複文化、アイデンティティ)
3. 2013/04~2016/03  異文化間能力養成のための教材と評価基準の開発およびその有効性の検証  国内共同研究 
4. 2014/04~2018/03  大学生の言語ポートレート研究  国内共同研究  (キーワード:複言語、複文化、アイデンティティ)
■ 科研費研究者番号
  50318698
■ researchmap研究者コード
  5000055004
■ 在外研究歴
1. 2016/04/01~2017/03/31 Simon Fraser University, Faculty of Education Visiting Scholar


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.