English >> TOPページ   


  クリスティアン W シュパング
  クリスティアン W シュパング   外国語学部 英語学科(外国語学研究科 英語学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  西洋史, 日本史, 国際関係論, 外国語教育 (キーワード:日独関係史、国際関係史、地政学) 
■ 主要学科目
ドイツ語(初級~上級)、「ドイツ語圏の文化と社会概論」、「ゼミナールⅢ:欧州連合の国」、大学院(外国語学研究科):「言語文化学特論(Ph.D.)」, 「言語文化学特別演習Ⅰ (Ph.D.)」
■ 学歴
1. 1990/10~1991/02 Friedrich-Alexander-Unviversity Erlangen-Nuremberg (Germany) Faculty of Letters (Philosphische Fakultaet) History Department 中途退学
2. 1991/03~1991/06 Kings' School, Bournemouth (England) 卒業 Cambridge Certificate of Proficiency in English
3. 1991/10~1993/06 Albert-Ludwigs-University, Freiburg im Breisgau (Germany) Faculty of Letters (Philosphische Fakultaet) History Department (minor: English Literature) 卒業 Zwischenpruefung (B.A. equivalent)
4. 1993/07~1993/08 Université de Bourgogne, Dijon (France) Centre International D'Etudes Françaises 留学
5. 1993/10~1994/07 Trinity College Dublin (Ireland) Faculty of Letters History 留学
全件表示(8件)
■ 職歴
1. 2000/10~2006/03 国際基督教大学 (ICU) アジア文化研究所 研究助手・準研究員
2. 2001/03~2004/03 国際基督教大学 高等学校(休講2002/03年) 非常勤講師
3. 2001/09~2005/03 法政大学 社会学部(2001-05年)、経済学部(2004/05年) 非常勤講師
4. 2004/04~2009/03 上智大学 外国語学部・ドイツ語学科、文学部・ドイツ文学科、一般外国語教育センター 非常勤講師
5. 2005/04~2009/03 獨協大学 外国語学部・ドイツ語学科 非常勤講師
全件表示(16件)
■ 委員会・協会等
1. 2012/04~2014/03 大東文化大学・語学教育研究所 研究員
2. 2013~2014 奈良県の日本と東アジアの未来を考える委員会、「思想史」研究会 委員
3. 2014/04~2018/03 大東文化大学・東洋研究所 兼担研究員
4. 2014/04~2016/03 大東文化大学・語学教育研究所 運営委員
5. 2016/04~ 大東文化大学・百年史編纂委員会 委員
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1998/11~ OAG Deutsche Gesellschaft fuer Natur- und Voelkerkunde Ostasiens
2. 2001/05~2004/12 ∟ Vorstandsmitglied
3. 2003/05~ ∟ Vorsitzender: Arbeitskreis fuer die Geschichte der OAG (GOAG)
4. 2007/05~ ∟ Redaktionsauschuss: Mitglied
5. 2019/05~ ∟ Vorstandsmitglied
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 2009/10 Gerhard-Ritter-Preis der Albert-Ludwigs-Universtität Freiburg im Breisgau (URL: http://www.uni-freiburg.de/universitaet/portrait/ehrungen-und-preise/preise/preis/280/Gerhard-Ritter-Preis?set_language=de)
■ 著書・論文等
1. 著書  Karl Haushofer und die OAG. Deutsch-japanische Netzwerke in der ersten Hälfte des 20. Jahrhunderts (München: Iudicium, 2018)  (単著)  2018/03
2. 著書  Karl Haushofer und Japan. Die Rezeption seiner geopolitischen Theorien in der deutschen und japanischen Politik (München: Iudicium)  (単著)  2013/06
3. 著書  Transnational Encounters between Germany and Japan: Perceptions of Partnership in the Nineteenth and Twentieth Centuries (Basingstoke / New York: Palgrave Macmillan)  (共著)  2016/01
4. 著書  Heinz Altschul: As I Record These Memories... Erinnerungen eines deutschen Kaufmanns in Kobe (1926-29, 1934-46)(München: Iudicium)  (共著)  2014/03
5. 著書  Japanese-German Relations, 1895-1945. War, Diplomacy and Public Opinion (London / New York: Routledge)  (共著)  2006/03
全件表示(79件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/09/29 Nazi Racism and its Influence on Japanese-German Couples(42nd German Studies Association (GSA) Conference)
2. 2018/08/30 Die Auswirkungen des nationalsozialistischen Rassismus auf japanisch-deutsche Paare in Japan(17. deutschsprachiger Japanologentag)
3. 2018/07/01 Anti-Nazis and Nazis among German Teachers at Japanese High Schools before 1945(22nd Asian Studies Conference Japan, ASCJ)
4. 2017/07/09 Nazi Racism and Japanese-German Marriages(21st Asian Studies Conference Japan, ASCJ)
5. 2015/10/04 The internment of Germans in Dutch East India and the Japanese sinking of the "Van Imhoff"(39th German Studies Association (GSA) Conference)
全件表示(34件)
■ 講師・講演等
1. 1999/06 Karl Haushofer (1869-1946) and Japan. His influence on German-Japanese relations in the inter-war period (DIJ Tokyo)(Tokyo, Japan)
2. 1999/11 Karl Haushofer - eine wenig beachtete Größe innerhalb der deutsch-japanischen Beziehungen der Zwischenkriegszeit (OAG)(東京)
3. 2001/06 Die Wiedervereinigung Deutschlands und die Integration Europas (埼玉県 加須市日独交流協会)(埼玉県 加須市)
4. 2002/01 カール・ハウスホーファーと日本の地政学・第一次大戦後の日独関係におけるその影響力 (国際基督教大学)(東京都三鷹市)
5. 2002/07 Deutschland und Japan – Gemeinsamkeiten und Unterschiede (埼玉県 加須市日独交流協会)(埼玉県 加須市)
全件表示(27件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2009/03/10~2009/03/29 西洋人の日本観III - OAGドイツ東洋文化研究協会の業績(奈良県立図書情報館における展覧会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012/11/27 語学教育研究所のドイツ語分野学術講演会の運営: ボーダ・ユルーン助教(筑波大学)「翻訳理論について・多言語の間のコミュニケーション」
2. 2012/12/12 東松山キャンパス 外国語分科会 (ドイツ語分野 ) 特別講演会の運営(荒又雄介先生と一緒):ラルフ・デーゲン准教授(一橋 大学)、「ドイツ脱原発の背景と近況」
3. 2013/04/18 東松山キャンパス 外国語分科会 (ドイツ語分野 ) 特別講演会の運営:ハンス K ローデ 先生(独日協会、トリーア)、「在日ユダヤ人の教授、ジークフリート・ベルリーナ氏について」
4. 2013/07/05 フランス・ドイツ大使による講演会「エリゼ条約50年」の運営(フランソワ ルーセル先生と一緒)
5. 2013/11/17 語学教育研究所のドイツ語分野学術講演会の運営:Dr. Michael Wachutka (テュービンゲン大学・同志社日本研究センター):「ドイツ語圏の日本研究史における 『古事記』三種類の独訳とその翻訳者」
全件表示(14件)
■ 科研費研究者番号
  70547108
■ researchmap研究者コード
  read014746
■ 在外研究歴
1. 2001/12~2002/09 ドイツ―日本研究所(DIJ) 博士論文の研究
2. 2018/04/01~2019/03/31 エアランゲン大学文学部日本学科の客員教授(ドイツ) 海外研究
■ メールアドレス
  
  
■ ホームページ
   Academia.edu: Christian W. Spang (Daito Bunka University)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.