English >> TOPページ   


  ノセ モトコ
  野瀬 元子   文学部 歴史文化学科   准教授
■ 学歴
1. 2008/10~2011/09 東洋大学 国際地域学研究科 国際地域学専攻 博士課程修了 博士(国際地域学)
■ 職歴
1. 2011/04~2014/03 静岡英和学院大学 人間社会学部 専任講師
2. 2014/04~2018/03 静岡英和学院大学 人間社会学部 准教授
3. 2018/04~ 大東文化大学 文学部 准教授
■ 委員会・協会等
1. 2016/04~2018/03 静岡市いはらI.C周辺農業農村活性化検討会 委員
■ 所属学会
1. 2007/09~ 日本観光研究学会
2. 2008/02~ 土木学会
3. 2008/03~ 日本都市計画学会
■ 社会における活動
1. 2013/06 高大連携出張講座(静岡県補助事業「静岡の観光資源と見せ方のポイント」静岡県立清水南高等学校)
2. 2015/10~2017/06 高大連携授業(「日本のインバウンド観光の変遷」静岡英和女学院高等学校)
■ 著書・論文等
1. 論文  イギリスにおける観光振興組織のパートナーシップ ―ローカル・エンタープライズ・パートナーシップ(LEP)との連携―  (共著)  2017/12
2. 論文  観光プロモーションの効果推定に関する一考察  (共著)  2017/12
3. 論文  小規模都市における地域づくり活動としてのチッタ・スロー ―チッタ・スローセバストポールの取り組み―  (共著)  2016/12
4. 論文  効果的な観光マーケティング組織の運営に関する考察 ―カリフォルニア州およびソノマ郡DMO を事例として―  (共著)  2016/11
5. 論文  DMOに着目した研究の進展状況 ―効果的なデスティネーション・マネジメントに関する研究動向のレビュー―  (単著)  2015/11
全件表示(26件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2010/10 観光振興の視点における交通パスの国際比較―外国人旅行者の利便性評価に着目して-(2010年度日本交通学会研究報告会予稿集)
2. 2008/09 日光と箱根における観光者のCSポートフォリオ分析―外国人観光者と日本人観光者の比較―(土木学会第63回年次学術講演会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04~ グループワークを取り入れたアクティブ・ラーニング(観光デザイン論、文化観光論、現代社会の諸問題(観光と歴史)、キャリアデザイン)
●作成した教科書、教材
1. 2011/04~ 「戦前における日本の国際観光政策に関する基礎的分析」 ※「著書・論文等」欄にも記載有
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2012/04~2012/10 海外ゼミ研修旅行および海外大学学生との交流
2. 2013/06~2013/09 観光まちづくりコンテスト出場の指導
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  高齢者の観光地ユーザビリティに関する研究  個人研究  (キーワード:高齢者、観光、ユーザビリティ、観光地、ユニバーサルデザイン)
2. 2014/04~2017/03  観光振興のためのマーケットデザインに関する研究-効果的な日本型DMO構築に向けて  研究分担者  (キーワード:観光、DMO、観光振興、マーケティング)
3. 2017/04~2020/03  観光振興のためのTID制度の導入可能性とビッグデータを用いた計画支援に関する研究  研究分担者  (キーワード:観光振興、TID、ビッグデータ、地域ブランド)
■ 科研費研究者番号
  60611845


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.