English >> TOPページ   


  イコマ クミ
  生駒 久美   文学部 英米文学科(文学研究科 英文学専攻)   准教授
■ 学歴
1. 2009/08~2018/12 オクラホマ大学大学院 博士課程修了 Ph.D.
■ 職歴
1. 2004/04~2009/07 横浜市立大学 非常勤講師
2. 2005/04~2006/03 東洋大学 非常勤講師
3. 2005/04~2006/03 東邦大学 非常勤講師
4. 2006/04~2009/03 明治大学 非常勤講師
5. 2006/04~2008/03 首都大学東京 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/04/01~2016/03/31 日本アメリカ文学会東京支部 支部運営委員
2. 2015/04/01~2018/03/31 日本マーク・トウェイン協会 事務局
3. 2018/04/01~ 日本アメリカ文学会東京支部 事務局
■ 所属学会
1. American Studies Association
2. 日本アメリカ文学会
3. 日本マーク・トウェイン協会
4. 日本英文学会
■ 社会における活動
1. 2013/07~ 女性のためのリーダーシップ育成プログラム(アメリカ大使館主催)
■ 受賞学術賞
1. 2009/08 フルブライト奨学金 大学院留学プログラム
2. 2011/04 Dr. Edward Clark Memorial Scholarship(オクラホマ大学英文科賞)
■ 著書・論文等
1. 論文  "Father and Son: The Racial Boundaries and the Question of Class in Adventures of Huckleberry Finn"  (単著)  2019/03
2. 論文  Sentimental Boundaries in Mark Twain's Novels  (単著)  2018/12
3. 著書  『文学理論をひらく』  (共著)  2014/10
4. 論文  ロクサーナの逸脱--『阿保たれウィルソン』における感傷小説とスレイブ・ナラティブのあいだ  (単著)  2017/04
5. 論文  娘における父の不在--『心は孤独な狩人』におけるジェンダー・セクシュアリティと階級の交差点  (単著)  2016/03
全件表示(21件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2016/11/05 ロクサーナ・パニック— Pudd’nhead Wilsonにおける感傷小説とスレイブ・ナラティブのあいだ(日本マーク・トウェイン協会)
2. 2015/07/25 Was Huck White? : The Racial Boundaries and the Question of Class in Adventures of Huckleberry Finn(The Clemens Conference)
3. 2014/05/17 白と黒 ――Adventures of Huckleberry Finnにおける人種・階級の境界線(日本アメリカ文学会東京支部)
4. 2014/04/12 Mark Twain作品におけるアウトサイダー(オベロン)
5. 2011/10 "‘An Awful, Unaccountable Fascination’: Mark Twain’s Representation of an Indian in The Adventures of Tom Sawyer"(The Conference of the English Department of the University of Oklahoma)
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2009/08  19世紀アメリカ・リアリズム文学に おける男性感傷研究 (日本学術振興会2009年度採択課題)  個人研究 
2. 2014/04~2017/03  合衆国における貧乏白人の文化的表象の歴史的変遷 (科研費2014年度採択課題)  国内共同研究 
3. 2015/04~2018/03  マーク・トウェインにおける白人男性感傷研究 (科研費2015年度採択課題)  個人研究 
■ 科研費研究者番号
  00715063


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.