English >> TOPページ   


  ウエダ ミキオ
  植田 幹男   スポーツ・健康科学部 健康科学科   准教授
■ 現在の専門分野
  科学教育 (キーワード:科学教育 化学) 
■ 主要学科目
化学 化学演習 基礎科学 分析化学 基礎生物学 健康科学基礎演習
■ 学歴
1. 1994/04~1998/03 東邦大学 理学部 化学科 卒業 学士
2. 1998/04~2000/03 東邦大学大学院 理学研究科 化学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2000/04~2003/03 東邦大学大学院 理学研究科 化学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 1998/04~1999/03 和洋国府台女子中学校高等学校 非常勤講師
2. 2003/04~2005/03 開智高等学校 非常勤講師
3. 2005/04~2017/03 和洋国府台女子中学校高等学校 教諭
4. 2017/04~ 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 健康科学科 准教授
5. 2017/11~ 和洋女子大学 非常勤講師
■ 所属学会
1. 日本化学会
2. 日本理科教育学会
3. 日本科学教育学会
■ 社会における活動
1. 2014/04~2017/03 小学生対象実験講座「放課後 Science Team」の開催(年10回)
2. 2017/04~ 小学生対象実験講座の企画と運営
3. 2018/01 市川市立国府台小学校と協同しての実験講座
■ 資格・免許
1. 1998/03 中学校1種教員免許
2. 1998/03 高等学校1種教員免許
3. 2000/03 中学校専修教員免許
4. 2000/03 高等学校専修教員免許
■ 著書・論文等
1. 論文  Pyridon derivatives carrying radical moieties : Hydrogen-bonded structures, magnetic properties, and metal coordination.  (共著)  2013
2. 論文  Metal complexes with pyridone-based radicals: preparation and properties of dinuclear paddle-wheel copper(II) complex and mononuclear palladium(II) complex.  (共著)  2005
3. 論文  Mononuclear platinum(II) complexes coordinated by pyridyl nitronyl nitroxide radicals: structures and magnetic properties of trans-[Pt(NH3)2(NITpPy)2]-(NO3)2 and cis-[PtCl2(NIToPy)2].  (共著)  2003
4. 論文  Preparation and properties of a 4Fe-4S cluster complex chelated by pyridine-2-thiolato ligands,(Et4N)2[Fe4S4(S-2-(4-NO2)C5H3N)4].  (共著)  2003
5. 論文  Side-chain coordination polymers containing redox-active pendants: complexation of ferrocene-based bidentate ligands with M(hfac)2 (hfac = 1,1,1,5,5,5-hexafluoroacetyl acetonate, M = Mn, Ni, Cu, Zn) and CuX (X = I, Br).  (共著)  2003
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/08 紫外線硬化樹脂による化石のレプリカ作成と高分子化学教材の検討(日本理科教育学会第68回全国大会)
2. 2017/12 小学生対象実験講座「放課後Science Team」の企画・運営(中谷医工計測技術振興財団 科学教育助成成果発表会)
3. 2004/10 Preparation and Magnetic Properties of Metal Complexes with Pyridone-Based Radicals.(International Conference of Molecule-Based Magnets)
4. 2003/09 フェナレノン系配位子を有する拡張π電子系白金族錯体の合成と構造(第53回錯体化学討論会)
5. 2003/03 ヒドロキシフェナレノンを配位子とする白金族キレート錯体の合成と性質(日本化学会第83春季年会)
全件表示(17件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2016/04 紫外線硬化樹脂を利用した高分子化学実験教材
●教育に関する発表
1. 2018/07 青少年のための科学の祭典(全国大会2018)に出展
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/05~2016/03  紫外線硬化樹脂を用いた新規実験材料の開発  国内共同研究 
2. 2016/04~2018/03  小学生向け実験講座 放課後 Science Team の企画・運営  国内共同研究 
■ 科研費研究者番号
  20813439
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.