English >> TOPページ   


  カガワ メイ
  香川 めい   社会学部 社会学科   講師
■ 主要学科目
教育社会学、格差社会論
■ 学歴
1. 1995/04~1999/03 東京大学 経済学部 卒業
2. 1999/04~2001/03 東京大学 教育学部 卒業
3. 2001/04~2003/03 東京大学 教育学研究科 修士課程修了 修士(教育学)
4. 2003/04~2008/03 東京大学 教育学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2008/04~2013/03 立教大学 社会学部 助教
2. 2013/04~2014/03 成蹊大学 アジア太平洋研究センター 客員研究員
3. 2013/04~2014/03 成蹊大学 文学部社会調査士課程 助手
4. 2014/04~2018/03 東京大学 社会科学研究所 特任助教
■ 所属学会
1. 2003~ 日本教育社会学会
2. 2009/10~2013/09 ∟ 企画部員
3. 2017/10~ ∟ 年次大会支援部副部長
4. 2007~ 日本社会学会
5. 2015/11~2018/09 ∟ 研究活動委員会委員
全件表示(8件)
■ 著書・論文等
1. 著書  High School for All in East Asia: Comparing Experiences  (共著)  2018/08
2. 著書  <高卒当然社会>の戦後史――誰でも高校に通える社会は維持できるのか  (共著)  2014
3. 著書  ソーシャル・キャピタルと社会――社会学における研究のフロンティア  (共著)  2018
4. 論文  生徒減少期の高校教育機会――日台比較から見る公私分担と多様性の確保の課題  (共著)  2016
5. 著書  大卒就職の社会学――データからみる変化  (共著)  2010
全件表示(17件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/09/15 無業経験の類型化とその趨勢変化(第91回日本社会学会大会)
2. 2018/07/19 Declining Birth Rate and Changes in High School Opportunities in Japan(Session of RC04, XVIII ISA World Congress of Sociology)
3. 2017/11 家庭での親子の相互関係と学業成績――JLSCPデータを用いて(第90回日本社会学会大会)
4. 2017/10 労働時間シフトとワークライフバランス――「社会生活基本調査」を用いた類型化の試み(日本教育社会学会 第69回大会)
5. 2016/09 子どもの生活経験・体験の構造――JLSCP2015データを用いて(日本教育社会学会 第68回大会)
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2013/03  高校教育機会提供の構造の総合的解明--地域と設置主体に着目して  国内共同研究 
2. 2012/04~2017/03  生徒減少期の高校教育機会の提供構造―政策動向と需要側の意識・行動の総合的解明  個人研究 
3. 2019~  若年期の不安定就労の累積的影響――系列分析を用いたコーホート間比較  個人研究 
■ 科研費研究者番号
  00514176


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.