English >> TOPページ   


  ツルタ ヨシフミ
  鶴田 佳史   社会学部 社会学科   准教授
■ 現在の専門分野
  経営学 (キーワード:環境経営、経営組織論、CSR、経営戦略論、持続可能性、カーボンマネジメント) 
■ 主要学科目
環境経営Ⅰ・Ⅱ、環境経営(環境マネジメント概論)、企業研究、経営学概論A・B、経営学入門、フレッシュマンセミナーA・B、社会学演習Ⅰ、環境創造ゼミⅡ、卒業研究
■ 学歴
1. 1989/04~1993/03 横浜国立大学 経営学部 経営学科 卒業 経営学士
2. 1993/04~1995/03 横浜国立大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 修士課程修了 経営学修士(横浜国立大学営修第289号)
3. 2001/04~2004/03 横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境マネジメント専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1995/04~2003/01 ニコロジアーナ代表(平成15年1月21日法人化(有限会社))
2. 2002/10~2012/03 三重県主催 日本環境経営大賞表彰委員会事務局アドバイザー
3. 2003/01~2010/02 有限会社愛知劇場企画 代表取締役社長
4. 2004/04~2010/03 中部大学 非常勤講師
5. 2005/04~2012/03 法政大学 人間環境学部人間環境学科 非常勤講師
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2002/09~ 財団法人地球・人間環境フォーラム環境レポート大賞(現:環境コミュニケーション大賞)ワーキンググループ 委員(平成14年9月~平成15年1月 ワーキンググループ・アシスタント)
2. 2008/10~2014/03 ショウワノート株式会社・法政大学産学協同ワークショップ「ジャポニカ王子のエコチャレンジ」 共同運営責任者(ショウワノート側の共同運営責任者は片岸茂社長)
3. 2009/03~2010/05 国土交通省「日 ASEAN 交通連携環境行動計画に関する検討会」 委員
4. 2010/02~2010/12 みなと環境にやさしい事業者会議「mecc賞2010」 審査委員
5. 2010/06~ 日本エコロジスト支援協会 理事
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. 1999/06~ 組織学会
2. 2000/09~ Academy Of Management
3. 2000/10~ 特定非営利活動法人環境経営学会
4. 2004/09~ ∟ 幹事
5. 2007/07~ ∟ 学会誌編集委員会委員
全件表示(15件)
■ 社会における活動
1. 2005/04~2006/01 株式会社星野 リゾート・インターンシップ共同企画・運営責任者 *『環境コミュニケーション報告書2005』を作成。
2. 2008/04~2010/03 「CASE -学生環境サミット-」 アドバイザー
3. 2008/09 「クッチャロ湖保護と利用に関するプレゼンテーション」 審査委員(CASE2008 -クッチャロ湖 学生環境サミット- )
4. 2011/09 『カーボン・ディスクロージャー : 企業の気候変動情報の開示動向』出版記念シンポジウム総合司会(9月9日)
5. 2013/07~2016/03 南砺市「域学連携」地域活力創出モデル実証事業 実行委員会・監事
■ 資格・免許
1. 2004/10 エコステージ評価員(登録番号0153)(平成19年7月迄)
2. 2004/10 環境マネジメントシステム審査員補(登録番号B2116)(平成20年10月迄)
3. 2005/03 KES環境マネジメントシステム・スタンダード登録審査員(登録番号K129)(平成20年1月迄)
4. 2005/04 環境カウンセラー(市民部門)(登録番号2004223009)(現在に至る)
5. 2005/12 地球温暖化ガス排出量算定・検証(内部検証)資格(修了証番号GHG2-1020)
全件表示(12件)
■ 受賞学術賞
1. 2003/05 環境経営学会より平成15年度環境経営学会優秀研究賞(環研2号)を受く
2. 2005/12 愛知県地球温暖化防止活動推進員優秀賞を受く
■ 著書・論文等
1. 著書  [改訂版] CSR経営要論  (共著)  2019/07
2. 論文  ステークホルダビリティの理論的展開に向けて  (単著)  2017/11
3. 著書  『よくわかる環境経営』  (共著)  2014/05
4. 著書  『カーボン・ディスクロージャー ―企業の気候変動情報の開示動向―』  (共著)  2011/08
5. 著書  『現代CSR経営要論』  (共著)  2011/03
全件表示(44件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/05/27 経営戦略要因としての気候変動適応(環境経営学会2018年度研究報告大会)
2. 2017/10/21 日本企業における気候変動リスクへの対応に関する一考察 ―緩和と適応の視点から―(韓国日本近代学会第36回国際学術大会)
3. 2017/09/16 企業における気候変動リスクへの対応(工業経営研究学会第32回大会)
4. 2017/05/28 企業における気候変動適応に関する一考察(日本貿易学会第57回全国大会)
5. 2017/04/22 東南アジアにおける企業の気候変動に関わる経営行動の変化について(国際ビジネス研究学会中部部会第32回研究会)
全件表示(42件)
■ 講師・講演等
1. 1994/08 「環境は問題解決の魔法の剣」(講演)
2. 2006/05 「排出権取引研究会」パネリスト
3. 2007/12 「地球温暖化と環境経営」(講演)
4. 2007/12 「サステナブル経営格付けと企業経営-持続可能な社会の構築に貢献する企業活動を測る-」(講演)
5. 2007/12 「環境経営」(講演)
全件表示(23件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2008/02 『さまざまな省エネルギー活動 ―日本環境経営大賞の事例から―』 《東京大学大学院「平成19年度製造現場・経営現場における環境マネジメントを支える人材育成システム」講義用「環境マネジメント工学における映像等コンテンツ」》
2. 2008/02 『地域における「環境経営の発展」と「環境文化の創造」日本環境経営大賞』 《東京大学大学院「平成19年度製造現場・経営現場における環境マネジメントを支える人材育成システム」講義用「環境マネジメント工学における映像等コンテンツ」》
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2002/10~2012/03 日本環境経営大賞表彰委員会事務局アドバイザー
2. 2006/10~2007/06 環境省「環境報告ガイドライン~持続可能な社会をめざして~(2007年版)」の事務局事務
3. 2007/08~2008/02 財団法人国際環境技術移転研究センター非常勤職員(産学連携製造中核人材育成事業に従事)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2011/03  「地域環境資源の価値デザイン -サウンドスケープによる持続可能な活用-」  国内共同研究 
2. 2009/04~2010/03  川崎市における地域社会・産業の環境共創に関する研究 -「住みたいまちKAWASAKI」Project-  国内共同研究 
3. 2010/04~2013/03  【科研費・分担】低炭素経済社会における中小企業の環境経営の展開と可能性  国内共同研究 
4. 2011/04~2012/03  東アジアにおける企業のカーボンマネジメントの推進に関する一考察 ―日本及び中国企業の事例を中心として―  個人研究  (キーワード:カーボンマネジメント、環境経営、東アジア)
5. 2013/04~2016/03  なんと!楽しい五箇山合掌造りの里、南砺へ若者を呼ぶプロジェクト  国内共同研究 
全件表示(6件)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.