English >> TOPページ   


  ヤマモト ヒロユキ
  山本 紘之   法学部 法律学科(法学研究科 法律学専攻)   教授
■ 主要学科目
刑法1、現代社会と法、基礎演習、専門演習
■ 学歴
1. 2001/04~2003/03 中央大学 法学研究科 刑事法専攻 修士課程修了 修士(法学)
2. 2003/04~2006/03 中央大学 法学研究科 刑事法専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2007/04~2010/03 大東文化大学 法学部法律学科 講師
2. 2010/04~2015/03 大東文化大学 法学部法律学科 准教授
3. 2015/04~ 大東文化大学 法学部法律学科 教授
4. 2019/04~2121/03 大東文化大学 法学部法律学科 主任
■ 所属学会
1. 2003/05~ 日本刑法学会
2. 2014/01~ 日本医事法学会
■ 社会における活動
1. 2014/04~2018/12 税務大学校東京研修所普通科講師(法学入門担当)
2. 2019/08 福島第一原子力発電所事故刑事裁判について
3. 2019/09 福島第一原子力発電所事故刑事判決について
4. 2019/11 原発事故無罪判決を考える
■ 著書・論文等
1. 論文  Der Wandel der Fahrlässigkeitslehre in Japan  (単著)  2017/02
2. 論文  予見可能性における「可能性」判断  (単著)  2016/02
3. 著書  伊東研祐=松宮孝明編著『リーディングス刑法』  (共著)  2015/09
4. 著書  ソーニャ・ロートエルメル著『承諾、拒否権、共同決定』  (共著)  2014/03
5. 著書  刑法の判例 各論  (共著)  2011/11
全件表示(41件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/05/27 単独犯の観点から(日本刑法学会第96回大会ワークショップ2)
2. 2015/05/24 予見可能性における「可能性」判断(日本刑法学会第93回大会)
3. 2012/06/26 引き受け過失について(コロキウム「刑法における存在と当為」)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/04/01~2019/03/31 少人数初年度教育の実施
2. 2008/04/01~2010/03/31 科目横断的なゼミナール運営
3. 2014/04/01~2016/03/31 大規模講義におけるアクティブラーニングの試験的運用
4. 2016/04/01~2017/03/31 社会科学分野におけるアクティブラーニングの枠組み構築(全学プロジェクト事業共同申請責任者。経営学部との合同申請)
5. 2017/04/01~2020/03/31 クリッカーを用いた講義
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
全件表示(15件)
■ 科研費研究者番号
  00453663
■ 在外研究歴
1. 2012/04/01~2013/03/31 ゲッティンゲン大学(ドイツ)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.