English >> TOPページ   


  オクダイラ ヒロナ
  奥平 寛奈   スポーツ・健康科学部 看護学科   講師
■ 主要学科目
医療支援技術論Ⅰ・Ⅱ 生活支援技術論Ⅰ・Ⅱ 基盤看護学実習Ⅰ・Ⅱ 看護方法論 看護コミュニケーション論
■ 学歴
1. 1997/04~2001/03 国際医療福祉大学 保健医療学部 看護学科 卒業 看護学士
2. 2007/04~2009/03 国際医療福祉大学 医療福祉学研究科 保健医療学専攻 修士課程修了 保健医療学
■ 職歴
1. 2006/09~2009/03 国際医療福祉大学 保健医療学部看護学科 非常勤助手
2. 2009/04~2013/07 国際医療福祉大学病院 助産師
3. 2013/08~2015/03 クリニック 助産師
4. 2014/04~2015/03 国際医療福祉大学保健医療学部看護学科 非常勤助手
5. 2015/04~2018/03 国際医療福祉大学 保健医療学部看護学科 専任講師
全件表示(6件)
■ 教員審査
1. 2017/08 大東文化大学スポーツ・健康科学部 看護学科設置申請における教員資格審査【講師】
■ 委員会・協会等
1. 周生期医療支援機構
2. 日本看護協会
■ 所属学会
1. 日本シミュレーション医療教育学会
2. 日本医療教授システム学会
3. 日本周産期新生児医学会
4. 日本看護シミュレーションラーニング学会
5. 日本看護学教育学会
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2013~ 周生期医療支援機構ALSOインストラクター/BLSOインストラクター
2. 2014~ 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生【専門】インストラクター
3. 2017~ 栃木県日光市消防本部周産期対応研修会 講師
4. 2019~ 埼玉県越谷市消防職員協議会周産期対応研修会 講師
5. 2019/06~ 社会福祉法人川島町社会福祉協議会理事
■ 資格・免許
1. 2001 保健師
2. 2001 看護師
3. 2009 助産師
4. 2013 ALSO-Japan認定インストラクター
5. 2014 新生児蘇生法講習会「専門コース」インストラクター
■ 受賞学術賞
1. 2012/06 玉田賞(学会奨励賞)「A病院における周産期感染予防対策の実態と課題」
2. 2016/06 玉田賞(学会奨励賞)「栃木県内における病院前妊産婦救護の実態とトレーニングの意義ーBLSO受講生への調査からー」
3. 2016/09 優秀演題賞「基礎看護学における大根モデルを活用した注射技術演習の取り組み」
4. 2018/08 優秀賞(ポスター部門)「病院前救護にかかわる職種が新生児蘇生法講習をうける意義とコースの課題」
■ 著書・論文等
1. 論文  基礎看護学実習に向けた電子カルテ演習の試み  (共著)  2018/09
2. 論文  看護基礎教育における電子カルテシステムを利用した教授法の検討  (共著)  2018/07
3. 論文  病院前周産期救護シミュレーショントレーニングコースの有用性  (共著)  2017/08
4. 論文  基礎看護学における大根モデルを活用した注射技術演習の取り組み  (共著)  2017/08
5. 論文  病院前周産期救護における多職種協働の重要性  (共著)  2017/05
全件表示(11件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2019/07/14 新生児蘇生法講習会を受講した救急隊員の受講後の動向調査(第55回日本周産期・新生児医学会学術集会)
2. 2019/06/06 看護現場の業務支援に有効な情報システム(第58回日本生体医工学学会)
3. 2018/08/26 患者情報から学生が導き出す看護援助に関する考察 ―電子カルテ上の模擬患者を活用して-(第8回国際医療福祉大学学会学術大会)
4. 2018/08/25 病院前救護にかかわる職種が新生児蘇生法講習をうける意義とコースの課題(第4回ALSO-Japan学術集会)
5. 2018/07/07 看護基礎教育における電子カルテシステムを活用した教授法の検討(第19回日本医療情報学会看護学術大会)
全件表示(20件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  看護・介護ケアの質保証を目的とした地域包括ケア病棟における位置検知技術の応用研究  国内共同研究 
2. 2019/04~  看護基礎教育におけるICTを活用した大東学士力養成プログラムの構築  機関内共同研究 
■ 科研費研究者番号
  90756785
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.