English >> TOPページ   


  ハセガワ チハル
  長谷川 千春   外国語学部 英語学科   助教
■ 現在の専門分野
  ヨーロッパ語系文学 (キーワード:騎士道、アーサー王、中世、英雄、トマス・マロリー) 
■ 主要学科目
ゼミナールIAB ゼミナールIIAB ゼミナールIIIAB リーディング2AB
■ 学歴
1. 2002/04~2006/03 鶴見大学 文学部 英語英米文学科 卒業 文学学士
2. 2003/07~2003/08 ハワイ大学マノア校 サマーナイス2003語学研修プログラム
3. 2007/04~2009/03 鶴見大学 文学研究科 英米文学専攻 修士課程修了 文学修士
4. 2009/04~2012/03 鶴見大学 文学研究科 英米文学専攻 博士課程単位取得満期退学
5. 2012/09~2013/09 バンガー大学 英文科 アーサー王文学修士 修士課程修了 アーサー王文学修士
■ 職歴
1. 2006/04~2007/04 株式会社シノダ 営業課
2. 2009/04~2012/03 鶴見大学 文学部 ティーチング・アシスタント
3. 2011/04~2012/06 日本大学 歯学部 非常勤講師
4. 2013/11~2015/03 新東京歯科衛生士学校 非常勤講師
5. 2014/04~2015/03 新東京歯科技工士学校 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2009~ 日本比較文学会
2. 2009~ 日本英文学会
3. 2009~ 英米文化学会
4. 2015 ∟ 事務局員
5. 2010~ 日本中世英語英文学会
全件表示(9件)
■ 資格・免許
1. 2014/01/12 TOEIC 925点
■ 著書・論文等
1. 論文  『英米文学概論(含文学史)』授業評価アンケートに表れる学生の声:物語を通して伝わる知的好奇心と道徳観  (単著)  2017/12
2. 論文  サー・トマス・マロリー「ガレスの物語」における騎士になることの意味  (単著)  2017/03
3. 論文  Magic, Prophecy and Word Power: Merlin's Authoritative Voice in the Middle Ages  (単著)  2016/03
4. 論文  騎士道研究の射程と可能性 : The Study of Chivalry : Resources and Approachesを読む  (単著)  2012
5. 論文  Sir Gawain and the Green Knightにおける誓約と名誉--騎士としての理想と人間的弱さ  (単著)  2011/06
全件表示(13件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2017/09/30 Historical and Literary Contexts of Sir Thomas Malory's Le Morte Darthur(Tsurumi University Post-Graduate Academic Conference)
2. 2017/04/15 The Fall of King Arthur: Political Conflicts and Failure in Sir Thomas Malory’s Le Morte Darthur(International Conference on Aspects of Language Contact and Conflict)
3. 2016/12/10 ガウェインと聖杯:『アーサー王の死』における信仰と反抗(日本中世英語英文学会第32回全国大会)
4. 2016/04/23 Chivalry in Transition: Medieval French and English Arthurian Knightly Ideals(International Conference on Plurilingual Perspectives in Geolinguistics)
5. 2015/07/04 無知と純潔:中世アーサー王文学におけるウェールズの騎士パーシヴァル(日本カムリ学会第21回例会)
全件表示(16件)
■ 講師・講演等
1. 2016/03 大学で英語を学ぶ―実践トレーニングとイギリス文学―(三鷹:大成高等学校)
2. 2016/07 イギリス文化入門―英語・文学・映画―(新潟県立長岡大手高等学校)
3. 2016/10 イギリス英語を体験する(埼玉県立川口東高等学校)
4. 2017/03 イギリスの英語と文化―発音・文学・映画―(武蔵越生高等学校)
5. 2017/06 イギリス英語入門(東京都立田柄高等学校)
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04~2012/06 歯科英語論文を英語でプレゼンテーションさせ、評価するティームティーチング
2. 2013/11~2015/03 歯科クリニックや歯科技工室で実際使われる英語を英語で学ぶ授業
3. 2014/04~2016/03 英語を専門としない学生たちへの英語による英語授業
4. 2014/04~2016/03 英語授業での図書館・ラーニング・コモンズの利用
5. 2015/04~2017/03 原作・翻訳・映像作品などを組み合わせた多面的なアプローチの英米文学概論
全件表示(10件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2006/04~2007/03 インテリア商材の卸売・ルートセールス
2. 2015/04~ 留学派遣業務
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  アーサー王文学における騎士道概念の矛盾  個人研究 
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.