English >> TOPページ   


  ミカミ スグル
  三上 傑   外国語学部 英語学科   講師
■ 学歴
1. 2006/04~2012/03 筑波大学 人文社会科学研究科(一貫制博士課程) 文芸・言語専攻英語学領域 博士課程修了 博士(言語学)
■ 職歴
1. 2010/04~2012/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2. 2013/04~2016/03 中京大学 国際教養学部 講師
3. 2016/04~2021/03 東北大学 高度教養教育・学生支援機構 講師
4. 2021/04~ 大東文化大学 外国語学部 講師
■ 所属学会
1. 2006/04~ 筑波英語学会
2. 2008/04~ 日本英文学会
3. 2008/04~ 日本英語学会
4. 2009/04 日本言語学会
5. 2010/04~ 日本語文法学会
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/11 日本英語学会第34回大会 大会優秀発表賞(佳作)
■ 著書・論文等
1. 著書  コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論2  (共著)  2019/11
2. 著書  日本語統語論研究の広がり  (共著)  2019/11
3. 論文  英語のThere受動文が許容する語順パターンに関する通時的変遷と主語移動の適用可能性  (単著)  2021/03
4. 論文  英語の結果構文が示す『非能格性』:非能格動詞結果構文が許容する二つの解釈と構造的曖昧性  (単著)  2018/12
5. 論文  The Passivization of the Gesture Expression Construction and the Formulation of Subjects in Terms of Aboutness  (単著)  2018/03
全件表示(18件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2020/11 英語のThere受動文が許容する語順パターンに関する通時的変遷と主語移動の適用可能性(日本英語学会第38回大会)
2. 2018/12 語用論的要素の統語操作との関わり方とその言語間変異(日本英文学会東北支部第73回大会)
3. 2017/12 焦点卓越言語としての日本語と主語尊敬語化(日本英文学会東北支部第72回大会)
4. 2017/12 焦点卓越言語としての日本語におけるPhi素性一致現象とその特異性(日本語文法学会第18回大会)
5. 2017/08 焦点卓越言語の二分類と英語史における統語構造の段階的変化(ワークショップ『コーパス・多人数質問調査からわかる言語変化・変異と現代言語理論』)
全件表示(19件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  素性継承システムのパラメータ化に基づくV2現象の共時的・通時的研究  個人研究 
2. 2016/04~2020/03  Mirativityにおける「焦点」と「評価」の役割:日英語からのアプローチ  国内共同研究 
3. 2018/04~2021/03  自然言語における一致の普遍性と統語構造の通時的変化に関する日英語対照研究  個人研究 
4. 2021/04~  自然言語における定形節のフェイズ性に関する理論的・実証的研究  個人研究 
■ 科研費研究者番号
  60706795


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.