English >> TOPページ   


  ハギワラ モトヒロ
  萩原 基裕   法学部 法律学科(法学研究科 法律学専攻)   准教授
■ 現在の専門分野
  民事法学 (キーワード:契約法、契約当事者の利益調整、追完請求権の位置づけ) 
■ 学歴
1. 2004/04~2008/03 高崎経済大学 経済学部 経営学科 卒業 経済学士
2. 2008/04~2010/03 明治大学大学院 法学研究科 民事法学専攻 修士課程修了 修士(法学)
3. 2010/04~2013/03 明治大学大学院 法学研究科 民事法学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2013/11~2014/03 明治大学大学院 法学研究科 民事法学専攻 博士課程修了 博士(法学)
■ 職歴
1. 2008/05~2010/03 明治大学 法学部 TA
2. 2010/04~2011/03 明治大学 法学部 短期嘱託職員
3. 2011/04~2012/04 明治大学大学院 法学研究科 RA(民法改正プロジェクト)
4. 2012/04~2013/03 大東文化大学 法学部 非常勤講師
5. 2012/04~2013/03 明治大学 法学部 法学部助手
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2010/06~ 日本私法学会
■ 著書・論文等
1. 論文  私法と行動規制―ドイツにおける規制と私法論を参考に―  (単著)  2017/12
2. 論文  解除の可否をめぐる軽微な債務不履行と売主の悪意との関係について : BGB323条5項2文をめぐる議論を参考に  (単著)  2017/03
3. 論文  片務契約の終了 : 片務契約の法定解除をめぐる日独議論の比較を中心に  (単著)  2016/11
4. 論文  無償契約債務者の責任法理―民法典における責任制限法理の検討―(四・完)  (単著)  2016/04
5. 論文  無償契約債務者の責任法理―民法典における責任制限法理の検討―(三)  (単著)  2015/11
全件表示(18件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/10/10 無償契約債務者の責任構造―民法典における責任制限法理の一視座―(日本私法学会)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2013/04~ 法学A・Bにおいて毎時間小テストを実施している。内容は講義中に扱った法律問題・判例につき、率直な意見を述べてもらう。これによって、講義を受身的に受容するだけではなく自分の意見をまとめた上でそれを表現するという双方向的な講義の実現を目指している。小テストでは、私見につき理由をきちんと述べてもらうことにしている。作業に慣れてきた後期課目(法学B)では、自分の意見に対して想定される反対意見を挙げ、これについて再反論を試みるというように、より論理的な思考訓練へとステップアップを試みている。
2. 2013/04~ 法律学科1年生の少人数必修科目である現代社会と法A・Bでは、全クラス共通の小テストを作成し、講義ごとにこれを実践することで講義の理解度を確認している。また、小テストは採点後学生に返却され、誤答があれば訂正の上再提出させている(最大2回まで)。これによって、理解が不十分な部分を補うことで教育効果をより確実にしている。
■ 科研費研究者番号
  30719901
■ 在外研究歴
1. 2017/04/01~2018/03/31 ミュンヘン大学法学部 客員研究員


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.