English >> TOPページ   


  アベ ジュンコ
  阿部 純子   法学部 法律学科   特任准教授
■ 主要学科目
憲法2A, 2B、現代社会と法A,B
■ 学歴
1. University of Cambridge 修士課程修了 LL.M
2. 中央大学 法学研究科 公法 博士課程修了 博士(法学)
■ 職歴
1. 2007/04~2010/03 中央大学大学院法学研究科博士課程前期課程 TA
2. 2009/04~ 中央大学 通信教育課程 インストラクター(憲法)
3. 2010/04~2015/03 中央大学 通信教育課程(オンデマンド) インストラクター(憲法)
4. 2013/04~ 日本比較法研究所 嘱託研究所員
5. 2013/04~2014/03 駒沢女子短期大学 保育科 非常勤講師(憲法)
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 全国憲法研究会
2. 憲法理論研究会
3. 日本公法学会
4. 日本法哲学会
5. 日米法学会
■ 社会における活動
1. 2015/04~2017/03 株式会社宮崎放送番組審議委員
2. 2016/04~2017/03 宮崎県男女共同参画センター運営評価委員(平成28年度)
3. 2016/08~2018/07 宮崎県環境審議会委員
■ 著書・論文等
1. 著書  「裁量の主体―行政裁量と立法裁量は同じなのか?」『憲法判例のエニグマ』  (共著)  2018/04
2. 著書  『判例アシスト憲法』  (共著)  2016/03
3. 論文  人身保護制度における裁判所の役割―憲法の適正手続の観点から―  (単著)  2018/11
4. 論文  憲法上の実体的利益とそのプロセス保障について―X線検査訴訟と再婚禁止期間訴訟を題材にして―  (単著)  2018/03
5. 論文  憲法の「拷問禁止」規範―国際人権法との関係を考慮して―  (単著)  2017/10
全件表示(24件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2017/07 「拷問禁止規範の憲法上の意味―国内法における強行規範の効力・適用を中心に―」(大東文化大学法学研究所研究会)
2. 2016/08 日本国憲法下の「拷問の禁止」について―国際人権法を考慮しながら(憲法理論研究会)
3. 2016/07 「憲法による拷問の禁止の意義―国際法の議論も踏まえながら―」(中央大学公法研究会)
4. 2014/10 デュープロセス条項による「自由」の保障―United States v. Windsorを素材にして(日本公法学会)
5. 2014/09 「デュープロセス条項による『自由』の保障―同性愛者の『権利』の実定化プロセスにおける考察―」(中央大学公法研究会)
全件表示(8件)
■ 講師・講演等
1. 2014/10 「“わたしが”考える集団的自衛権―女性が若者と語る憲法の集い―」
2. 2014/11 「日本国憲法における人権条項について」
3. 2015/03 「憲法9条には、どのような意義があるの?」(宮崎市中央公民館)
4. 2015/06 「『子どもの貧困』の解決へのアプローチ―主に憲法学の視点から―」
5. 2015/07 「『仕事か家庭か』いつまで二択を迫られるの!―宮崎発・政府の『女性活用』の課題と提言」(宮日ホール)
全件表示(9件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 『判例アシスト憲法』(成文堂、2016年)(共著)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.