English >> TOPページ   


  フジイ ヤスヒロ
  藤井 康博   法学部 法律学科(法学研究科 法律学専攻)   教授
■ 現在の専門分野
  公法学, 新領域法学 (キーワード:憲法学、環境法学) 
■ 主要学科目
憲法、環境法
■ 学歴
1. 早稲田大学 法学研究科 博士課程単位取得満期退学 修士(法学)
■ 職歴
1. 2010~2011 早稲田大学 法学学術院・法学部 助手
2. 2010~2011 東京学芸大学 等 非常勤講師
3. 2011~2013 静岡大学 教育学部 講師
4. 2013~2015 静岡大学 教育学部 助教授・准教授
5. 2017~ 早稲田大学 社会科学部 非常勤講師
■ 所属学会
1. ドイツ憲法判例研究会
2. 全国憲法研究会
3. 憲法理論研究会
4. 日本公法学会
5. 環境法政策学会
■ 著書・論文等
1. 著書  将来の環境法と憲法――18歳からはじめる一票  (単著)  2018
2. 著書  現代ドイツ憲法学における国家目的「自由」「安全」「生命」――「国家なき国法学」に抗する立憲国家目的へ  (単著)  2017
3. 著書  環境と未来への責任――環境憲法と憲法改正?  (単著)  2017
4. 著書  国家に対峙する「個人」の尊厳からの協働原則批判――環境行政法への憲法の規範力  (単著)  2017
5. 著書  1人ひとりを最大限尊重するために――個人の尊重と基本的人権のスタイル  (単著)  2016
全件表示(39件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2016/04 動物保護のドイツ憲法小史・憲法改正前後の裁判例の問題(ペット動物法研究会)
2. 2014/09 ドイツ憲法判例研究(169)国家目標規定と動物保護委員会(審議会)意見聴取手続――産卵鶏飼育の命令違憲決定BVerfGE 127, 293(ドイツ憲法判例研究会)
3. 2013/05 〈3.11〉後の事前配慮原則と人格権――憲法・環境法からみた原子力のリスクと将来(環境法政策学会・環境法政策研究会)
4. 2012/06 原子力に対する事前配慮原則(国家の義務)と個人の権利――憲法学・環境法学の一視点から(環境法政策学会)
5. 2012/05 国家の環境リスク事前配慮と個人の権利――〈3.11〉後の原子力(憲法理論研究会 春季研究総会)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2010 「用語解説」水島朝穂『18歳からはじめる憲法』(法律文化社)
2. 2013 「将来の環境法と憲法――18歳からはじめる一票?」大塚直編『18歳からはじめる環境法』(法律文化社)
3. 2016 「用語解説」水島朝穂『18歳からはじめる憲法〔第2版〕』(法律文化社)
4. 2016 「1人ひとりを最大限尊重するために――個人の尊重と基本的人権のスタイル」西原博史・斎藤一久編著『教職課程のための憲法入門』(弘文堂)
5. 2018 「将来の環境法と憲法――18歳からはじめる一票」大塚直編『18歳からはじめる環境法〔第2版〕』(法律文化社)
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(8件)


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.