English >> TOPページ   


  タカハシ ショウ
  髙橋 将   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   講師
■ 現在の専門分野
  スポーツ科学, リハビリテーション科学・福祉工学 (キーワード:股関節、サッカー、キック動作、発育発達、Groin Pain) 
■ 主要学科目
アスレチックコンディショニング論、アスレチックトレーニング論、アスレチックリハビリテーション演習、総合体育(サッカー)、フレッシュマンセミナー、ゼミナール
■ 学歴
1. 2007/04~2011/03 了德寺大学 健康科学部 整復医療・トレーナー学科 卒業
2. 2011/04~2013/03 大東文化大学 スポーツ・健康科学研究科 修士課程修了 修士(スポーツ科学)
3. 2013/04~2017/03 早稲田大学 スポーツ科学研究科 博士課程修了 博士(スポーツ科学)
■ 職歴
1. 2015/06~2017/03 お茶の水女子大学 グローバルリーダーシップ研究所 アカデミック・アシスタント
2. 2016/04~2017/03 Physical Lab 非常勤職員
3. 2016/04~2017/03 多摩美術大学 造形表現学部 非常勤講師
4. 2016/04~2018/03 早稲田大学 非常勤職委託職員
5. 2017/04~2018/03 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 非常勤講師
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 日本アスレティックトレーニング学会
2. 日本バイオメカニクス学会
3. 日本体力医学会
4. 日本柔道整復接骨医学会
5. 日本臨床スポーツ医学会
■ 資格・免許
1. 2011/03 柔道整復師免許状
2. 2013/03 高等学校教諭一種専修免許状(保健体育)
■ 著書・論文等
1. 論文  鼠径部周辺痛既往歴者のインサイドキック動作と可動域測定  (共著) 
2. その他 「11th Congress 傍聴記」  (単著) 
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2018/12/23 サッカーのインステップキックにおけるグレーディング技能に関するバイオメ カニクス的研究(第16回に日本フットボール学会)
2. 2018/12/23 大学男子サッカー選手におけるgroin pain既住者の身体的および動作特性 ~再発予防のための基礎的研究~(第16回日本フットボール学会)
3. 2018/11 Effects of manual eccentric versus concentric resistance training on muscle and functional fitness of older adults(ICST2018, 11th International Conference of Strength Training)
4. 2018/07 Comparison between Eccentric and Concentric Resistance Exercises with Body Weight for Their Effects on Muscle and Functional Fitness of Older Adults(Annual Congress of the European College of Sports Science. 23th (ECSS) @Dublin-Ireland)
5. 2017/03 東京都在住の5歳児の体格特性と各種体力指標との関連(第15回日本発育発達学会(岐阜大学))
全件表示(21件)
■ 講師・講演等
1. 2016/12 「サッカー選手によるGroin Pain」
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2018/08/18~2018/08/18 東松山キャンパスにおけるOPEN CAMPUS の体験授業講師 「機能解剖の知識に基づく正しいストレッチ」
2. 2018/10/20~2018/10/20 東京都板橋区立上板橋小学校における総合学習の外部講師 「体の使い方と体幹トレーニング」
3. 2018/11/11~2018/11/11 「子ども大学こうのす」:ケガに強いカラダづくり!~楽しみながらトレーニング~


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.