English >> TOPページ   


  タカハシ ショウ
  髙橋 将   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   講師
■ 現在の専門分野
  スポーツ科学, リハビリテーション科学・福祉工学 (キーワード:股関節、サッカー、キック動作、発育発達、Groin Pain) 
■ 主要学科目
アスレチックコンディショニング論、アスレチックトレーニング論、アスレチックリハビリテーション演習、総合体育(サッカー)、フレッシュマンセミナー、ゼミナール
■ 学歴
1. 2007/04~2011/03 了德寺大学 健康科学部 整復医療・トレーナー学科 卒業
2. 2011/04~2013/03 大東文化大学 スポーツ・健康科学研究科 修士課程修了 修士(スポーツ科学)
3. 2013/04~2017/03 早稲田大学 スポーツ科学研究科 スポーツ外科学専攻 博士課程修了 博士(スポーツ科学)
■ 職歴
1. 2013/04~2015/03 早稲田大学Global COE Program リサーチ・アシスタント
2. 2015/04~2016/03 国立スポーツ科学センター 非常勤専門職員
3. 2015/04~2016/03 東京スポーツレクリエーション専門学校 非常勤講師
4. 2015/06~2017/03 お茶の水女子大学 グローバルリーダーシップ研究所 アカデミック・アシスタント
5. 2016/04~2017/03 Physical Lab 非常勤職員
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/01~2022/01 公益財団法人 全日本柔道連盟 教育普及・MIND委員会(知的障がい者柔道振興部会) 特別委員
2. 2020/07~ 公益社団法人 全国大学体育連合 関東支部運営委員
3. 2021/05~ 公益社団法人 全国大学体育連合 調査部
4. 2022/02~ 公益財団法人 全日本柔道連盟 教育普及・MIND委員会(知的障がい者柔道振興部会) 委員
■ 所属学会
1. 2014/04~2020/03 日本バイオメカニクス学会
2. 2015/04~ 日本体力医学会
3. 2016/04~2020/03 日本柔道整復接骨医学会
4. 2016/04~ 日本アスレティックトレーニング学会
5. 2016/04~ 日本臨床スポーツ医学会
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2019/12 健康長寿事業「毎日1万歩運動」体力測定
2. 2019/12 日本フットボール学会17th Congress (会場:大東文化大学)実行委員
3. 2020/10 埼玉県比企郡鳩山町におけるシルバー層のQOLと体力・運動機能との関係性についての調査
4. 2020/11 健康長寿事業「毎日1万歩運動+(プラス)」体力測定
5. 2020/11 鳩山町運動・スポーツ習慣化促進事業「健康管理サポート・エクササイズ事業」
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 2011/03 柔道整復師免許状(第71992号)
2. 2011/03 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
3. 2013/03 高等学校教諭一種専修免許状(保健体育)
4. 2020/10 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
5. 2021/02 全国体育スポーツ系大学協議会認定トレーナー(JPSU-ST)
■ 著書・論文等
1. 著書  プロパーソナルトレーナー BODYMAKE検定 2級・3級対策テキスト    2022
2. 著書  ID(知的障がい者)柔道ハンドブック  (共著)  2021
3. 論文  鼠径周辺部痛既往歴者のインステップ動作解析  (共著)  2022
4. 論文  A study of lifestyle and activity levels of freshmen during online classes in 2021  (共著)  2022
5. 論文  オンライン授業における大学新入生の生活習慣、活動量に関する調査研究
~第二報:2020年度と2021年度の比較検討~  (共著)  2022
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2022/03/05 A study of lifestyle and activity levels of freshmen during online classes in 2021(The 4th FIEPS ASIA International Conference)
2. 2022/03/03 オンライン授業時における大学新入生の 生活習慣、活動量に関する調査研究 ~第二報:2020年度と2021年度の比較検討~(第10回大学体育スポーツ研究フォーラム)
3. 2019/12/23 ジュニアサッカー選手におけるインステップキックの球速と体力(形態面および機能面)との関係(第17回日本フットボール学会)
4. 2019/12/23 鼠径周辺部痛既往歴者のインステップ動作解析(第17回日本フットボール学会)
5. 2018/12/23 サッカーのインステップキックにおけるグレーディング技能に関するバイオメ カニクス的研究(第16回日本フットボール学会)
全件表示(25件)
■ 講師・講演等
1. 2016/12 「サッカー選手によるGroin Pain」(東京海洋大学)
2. 2018/10 「体の使い方と体幹トレーニング」(板橋区立上板橋小学校)
3. 2018/11 ケガに強いカラダづくり!~楽しみながらトレーニング~(鴻巣市)
4. 2019/08 「中学、高校生のための怪我をしない体づくり」(大東文化大学)
5. 2019/08 「小学生を対象としたコーディネーショントレーニング」(おおたスポーツアカデミー)
全件表示(12件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2021~ 南九州ファミリーマート所属:鶴田玲美選手(専任トレーナー)
2. 2021~ 練馬アークス・ジュニア・ベースボールクラブ(フィジカルアドバイザー)
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2019/01/03~2019/01/06 OSAKA 夢プロジェクト事業国内冬季合宿(トレーナー帯同)@沖縄
2. 2020/08/24~2020/08/24 セイコーゴールデングランプリ(トレーナー帯同)@東京
3. 2020/10/03~2020/10/03 第104回日本陸上競技選手権大会(南九州ファミリーマート所属:鶴田玲美選手の帯同トレーナー)@新潟
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(28件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2019/04~ スポーツ科学会 運営委員
2. 2019/04 トレーナーズチーム 組織運営代表
3. 2019/04~ 入試広報委員
4. 2019/04~ 学園情報化推進委員
5. 2020/04~ 親睦会委員
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/05~  研究課題:唾液アミラーゼ計測によるストレス反応と Drop Jump 着地動作との関連性 ~スポーツ外傷歴のある大学生アスリートを対象にして~(東京体育学会若手研究助成)  個人研究 
■ researchmap研究者コード
  24498
■ メールアドレス
  


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.