English >> TOPページ   


  クズメ トモヒデ
  葛目 知秀   経済学部 社会経済学科(経済学研究科 経済学専攻)   准教授
■ 現在の専門分野
  金融・ファイナンス, 経済政策 (キーワード:国際金融論、国際通貨制度論、国際マクロ経済学) 
■ 主要学科目
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ、国際経済A・B、国際金融A・B、専門演習Ⅰ、経済学演習(3年)、卒業研究、国際金融(大学院)、経済学研究指導Ⅰ(国際経済)(大学院)
■ 学歴
1. 1994/04~1998/03 早稲田大学 商学部 卒業 学士(商学)
2. 1998/04~2002/03 早稲田大学 商学研究科 修士課程修了 修士(商学)
3. 2002/04~2003/03 早稲田大学 商学研究科科目等履修生 科目等履修生
4. 2003/04~2007/03 早稲田大学 商学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2003/04~2006/03 早稲田大学産業経営研究所 研究協力員
2. 2005/04~2007/03 早稲田大学 商学学術院(商学部主担当) 助手
3. 2006/04~2006/09 川口短期大学 経営実務科 非常勤講師
4. 2007/04~2011/03 埼玉学園大学 経営学部経営学科 専任講師
5. 2007/04~2012/03 早稲田大学産業経営研究所 特別研究員
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2003/04~ 日本国際経済学会
2. 2003/04~ 日本経済学会
3. 2003/04~ 日本金融学会
4. 2004/04~ アジア政経学会
5. 2011/12~2012/05 ∟ 2012年度東日本大会実行委員
全件表示(9件)
■ 著書・論文等
1. 著書  『現代経済社会の諸問題―渡部茂先生古稀記念論集-』  (共著)  2018/03
2. 著書  『テキスト日本経済〈第2版〉』  (共著)  2016/03
3. 著書  『テキスト日本経済』  (共著)  2013/09
4. 著書  『増訂経済学の基本原理と諸問題』  (共著)  2013/05
5. 著書  『​現​代​社​会​に​お​け​る​企​業​と​市​場​』  (共著)  2011/04
全件表示(19件)
■ 学会・口頭・ポスター発表
1. 2015/09/25 最近の清酒の輸出動向と輸出価格への外国為替相場のパススルー(PEJ大手町研究会)
2. 2012/11 Summary, Comments, and Discussion on “Financial Cooperation in Asia”(大東文化大学経済学部50周年記念経済研究所第32回経済シンポジウム「アジアにおける金融協力」)
3. 2005/10 Intra-national and International PPP between cities of Japan and South Korea:Empirical evidence using panel unit root and panel cointegration(日本国際経済学会第64回全国大会)
4. 2004/10 『日本と韓国の内外価格差に関する一考察―「距離」と「国境」の経済的影響―』(アジア政経学会全国大会)
5. 2004/09 『「一物一価の法則」を阻害する地理的要因に関する一考察―「距離」と「国境」の影響―』(日本金融学会秋季大会)
全件表示(6件)
■ 講師・講演等
1. 2009/09 最近の日本経済と国際経済の変化(川口機械工業協同組合)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/04~ 講義用ホームページの作成・公開
2. 2011/04~ 経済学演習(ゼミ)において、夏合宿・社会見学・春合宿を実施
●作成した教科書、教材
1. 2008/04~ 練習問題・宿題・復習問題を作成し、講義用ホームページ上で公開
2. 2013/09/20 『テキスト日本経済』(分担執筆)
3. 2016/03/30 『テキスト日本経済〈第2版〉』(分担執筆)
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(29件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2013/10/14 テレビ東京(首都圏)特別番組「元気のタネまき~地域活性に挑む~」出演
2. 2014/04/01~2017/03/31 大東文化大学大学院経済学研究科経済学専攻「金融研究指導」修士論文主査
3. 2015/05~2017/05 大東文化大学経済学会編集委員長
4. 2015/11 「2015年度経済学部新入生調査」結果分析―学生生活の満足度・充実度と各種イベントの関係―
5. 2016/09 「2016年度経済学部新入生調査」結果分析―学生生活の満足度・充実度と各種イベントの関係―
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2004/03  金融・財政改革と日本経済の再生  機関内共同研究 
2. 2005/04~2006/03  パネルデータと非定常時系列分析による日本と韓国の都市間購買力平価説の実証研究  個人研究 
3. 2005/04~2006/03  新時代における経済学の理論とその応用  機関内共同研究 
4. 2007/04~2008/03  持続可能性の諸問題に関する経済学理論とその応用  機関内共同研究 
5. 2007/04~2009/03  社会における企業の課題  機関内共同研究 
全件表示(13件)
■ 科研費研究者番号
  10409625
■ researchmap研究者コード
  5000085593
■ ホームページ
   http://www.daito.ac.jp/education/economics/professor/details_04261.html
   http://www.ic.daito.ac.jp/~kuzume/index.html


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.