オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  転写因子と疾患転写制御と臨床化学
■ 概要
  遺伝子DNAの持つ膨大な情報の中から正確に選択的に、遺伝情報を抜き出す方法はDNAと相補的な配列を持つRNAに転写することである。転写には3種のポリメラーゼが関わり、mRNAの転写にはRNAポリメラーゼⅡ(PolⅡ)が関わる。しかし、転写にはPolⅡ以外の転写因子が必要である。本書では転写因子に焦点をあてて解説し、転写の制御機構と疾患との関係、更に最近、提唱されている転写症候群について解説した。1998年
  【著者】北嶋繁孝、蔡勇、田中真希子、大城聰
  共著   臨床化学 日本臨床化学会   第27巻(第2号),pp52-58頁   1998/06


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.