オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  フリーフロー電気泳動による赤血球および肝細胞内オルガネラの分離
■ 概要
  無担体電気泳動装置は世界で初めてヒトのX及びY精子の分離に成功したり、スペースシャトル宇宙実験に用いられるなど脚光を浴びている実験装置である。本著書では 1)老化赤血球の膜表面の陰性荷電が加齢と共に増加すること 2)肝細胞内に於けるヘモグロビン・ハプトグロビン複合体のヘムの分解に関与する細胞内小器官の分離データを示し、本装置が精子や赤血球だけでなく、細胞内小器官のような表面電化を持つ小胞構造体に適した分離法であり、本装置の優れた応用面について紹介した。1987(レフェリー有)
  【共同著者】中島煕、大城聰
  共著   生物物理化学(電気泳動学会誌)   Vol.31(No.4),pp191-194頁   1987


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.