オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  ヘム分解とビリルビンの生成
■ 概要
  現在、ビリルビンは生理的な活性酸素消去物質として注目されている。ビリルビンは血色素ヘムの分解によって主に生成される。老化赤血球の溶血によって遊離したヘモグロビン(Hb)は血清タンパク、ハプトグロビン(Hp)と結合し、Hb・Hp受容体によって肝実質細胞に取り込まれる。本著書ではHbのヘムが、どの様な過程を経て、肝細胞内でビリルビンに分解されていくか、当該教員の最新の研究成果を加えて、細胞生物学的レベルで解説した。1988年
  【著者】中嶋煕、山口登喜夫、大城聰
  共著   肝胆膵 国際医書出版   第17巻(第2号),pp117-125頁   1988/08


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.