オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  PROTEOME ANALYSIS OF TRYPANOSOMA CRUZI CL BRENER, A REFERENCE STRAIN OFGENOME PROJECT.
■ 概要
  ラテンアメリカでは1600万人に原虫トリパノゾーマが寄生し、シャガス病を引き起こしている。本研究はWHO世界保健機構および国家プロジェクトによりTrypanosoma cruzy genome project CLB Brener種をreferenceとして、トリパノゾーマゲノムプロジェクトの一環としてプロテオーム解析を実施した。その結果、同定された約300のタンパク質のうち約140種類のタンパク質からその遺伝子解析を行った。(レフェリー有)
  【共同研究者】: T. Sone, ◎S. Oshiro, S. Matsushita and K. Hirayama
  共著   (英国寄生虫学会)International Proceedings, 593-596, 2006. 11th International Congress of Parasitology, The British Society for Parasitology in Glasgow, Scotland, United Kingdom on 6th - 11th August, 2006.      2006/08


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.