オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  肝細胞内でのヘモグロビン・ハプトグロビン複合体の代謝の場
■ 概要
  老化赤血球の溶血によって遊離しだヘモグロビン(Hb)は血清タンパク・ハプトグロビン(Hp)と結合し、肝実質細胞膜上のHb・Hp受容体によって肝細胞に取り込まれる。本著書では二重標識した[#0312#H-ヘム、#0310##0313#C-グロビン]Hb・Hp複合体のヘム及びグロビン部分がどの様な運命を辿るか検討した。その結果、Hb・Hp複合体は一次リソゾームに取り込まれ、1/2Hb・Hp複合体に限定分解された後、高密度分画の二次リソゾームで更に分解が進められる事が細胞生物学的レベルで明らかにされた。【単独執筆】◎大城聰 お茶の水底雑誌(お茶の水医学会)1982年 医学博士学位論文(レフェリー有)
  単著   お茶の水医学雑誌(お茶の水医学会)   第30巻(第1号),pp21-29頁   1982/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.