オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Redox, transferrin-independent and receptor-mediated endocytosis iron uptake systems in cultured human fibroblasts.
■ 概要
  当該教員は遺伝病ヘモクロマトーシスの鉄蓄積異常のメカニズムを明らかにするため、ヒト正常培養細胞が有する 1)酸化還元(redox)系 2)トランスフェリン(Tf)に依存しない輸送系 3)受容体仲介輸送系の細胞生物学的性質を独自で考案した特異的輸送基質を用いて明らかにした。本研究は当該教員と米国国立衛生研究所(NIH)との共同研究の成果であり、本研究に基づいて「HHの鉄蓄積異常はTf-IU系の亢進により引き起こされるという仮説を提唱した(大城聰、蛋白質核酸酵素、1995年): 1993(レフェリー有)
  【共同著者】◎Oshiro, S., Nakajima, H., Markello, T., Krasnewich, D., Bernardini, Ⅰ.and Gahl, W.A.
  共著   The Journal of Biological Chemistry米国生化学会誌(Impact factor: 7.258)   Voll.268(No-29),pp21586-21591頁   1993/10


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.