オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Iron regulatory protein-1 acts not only as a metal sensor but as a stress sensor protein.
■ 概要
  当該教官は細胞内鉄調節タンパク質(Iron regulatory protein 1:IRP1)が鉄濃度を調節するセンサーであるばかりでなく、細胞内内金属濃度も制御し、調節する金属センサーであることをすでに報告したが、更に酸化ストレスばかりでなく、小胞体ストレスにも応答することから、当該教員はRP1がストレスセンサー蛋白質であることを本研究で見出した。878,2003(レフェリー有)
  【共同著者】◎Oshiro, S., Nozawa, K., Zang, C., kawamura, Sone, T
  共著   Molecular & Cellular Proteomics(Impact factor:5.766)      2003/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.