オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Intrahepatocellular site of the cata-bolism of heme and globin moiety of hemoglobin-hapto-globin after intravenous administration to rats.
■ 概要
  本研究では、ヒトX及びY精子の分離に成功した無担体電気泳動装置を用いてヘム代謝産物のみを含む輸送小胞を世界で初めて分離した。その小胞内にα-解裂特異性を与えるヘム輸送タンパクの存在を見出した。これはヒト胆汁中に排泄される黄色色素ビリルビンがⅨ-α型のみである理由を説明できる点で生理的に大きな意義がある。ヘム分解産物である一酸化炭素(CO)や鉄、ビリルビンはいずれも生理的機能物質であり、細胞生物学的に興味深い研究テーマである。 1988(レフェリー有)
  【共同著者】◎Oshiro, S. and Nakajima, H.
  共著   Journal of Biological Chemistry米国生化学会誌(Impact factor: 7.258)   Vol-263(No.31),pp16032-16038頁   1988/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.