オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Catabolismof globin-haptoglobin in liver cells after intra-venous administra-tion of hemoglobin-haptoglobin to rats.
■ 概要
  本研究では血管内で溶血後に形成されたヘモグロビン・ハプトグロビン(Hb・Hp)複合体のタンパク部分の肝細胞内に於ける代謝過程が細胞生物学的なレベルで検討された。その結果、同複合体はゴルジ野に取り込まれた後、先ずグロビンとHpが対称的に2分割された82kDa中間代謝産物に限定分解された後、その後の代謝を受けることが明らかになった。この研究はHb・Hp複合体がアシアロHpとは異なる経路によって分解されることを初めて示した点で細胞生物学的に意義ある研究である。 1981(レフェリー有)
  【共同著者】Higa, Y., Oshiro, S., Kino, K., Tsunoo, H. and Nakajima, H.
  共著   Journal of Biological Chemistry 米国生化学会誌(Impact factor: 7.258)   Vol.256(No.23),pp12322-12328頁   1981/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.