オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Cross-linking with diimidates of glutamine synthetase from Bacillus stearothermophilus
■ 概要
  好熱性細菌由来タンパクの耐熱性機構を明らかにするため、同細菌からグルタミン合成酵素を均一に精製し、鎖長の異なる二価化学修飾試薬を用いて、ε-アミノ基を修飾した。特にジメチルアジピミデイトによる修飾は高次構造の変化させずに、熱安定性を飛躍的に増大させた。修飾酵素のSDS電気泳動の結果から、ユニークなサブユニット間相互作用を推論した。本研究は医薬部外品に含まれる酵素の安定化に応用されている。1979(レフェリー有)
  【共同著者】Sekiguchi T., Oshiro S., Goingo, M.E. and Nosoh, Y.
  共著   Journal of Biochemistry日本生化学会誌(Impact factor: 2. 191)   Vol.86(No.2),pp447-452頁   1979/08


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.