オオシロ サトル
  大城 聰   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Structure of the human transcrition factor TFIIF revealed by limited proteolysis with trypsin.
■ 概要
  本論文ではmRNA転写反応を担うPolⅡの基本転写因子TFIIFの転写時に於ける高次構造の変化を分子生物学的、酵素化学的方法で解析した。その結果、バキュロウィルスで発現させた転写調節因子のサブユニットRAP74は中央部がサブユニットRAP30を包み込む様に存在することが示された。更に、RAP74は転写開始複合体形成時では構造変化を起こさないこと、RAP30はプロモーター部分の認識に関与することが明らかになった。1998(レフェリー有)
  【共同著者】Cai, Y, Chun, Z., Mitsuyasu, H., Oshiro, S., Naotaka, H. and Kitajima, S
  共著   FEBS Lettersヨーロッパ連合生化学会誌(Impact factor: 3.644)   Vol.435(No-2-3),pp191-194頁   1998/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.