ハリモト シンイチ
  播本 眞一   文学部 日本文学科   教授
■ 標題
  『南総里見八犬伝』第十二回を読む
■ 概要
  『南総里見八犬伝』第十二回を読み解くもの。美文として有名な伏姫山籠りの場面には『万葉集』の表現をふまえつつ、母を慕う子という表層の裏面に、人と非類とが夫婦として同棲する世界が描かれていることなどを明らかにした。
  単著   『近世文学の新展開-俳諧と小説-』   ぺりかん社   574-588頁   2004/02


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.