ハリモト シンイチ
  播本 眞一   文学部 日本文学科   教授
■ 標題
  『南総里見八犬伝』の風景
■ 概要
  『南総里見八犬伝』の文体について、当時の読者が妙文と賞讃した風景描写を中心に考察したもの。『八犬伝』の風景描写が、中国白話小説の「只見」、浄瑠璃の道行文、『太平記』などの影響を受けながら、独自のスタイルを確立していることを明らかにした。
  単著   江戸文学   ぺりかん社   (37),141-148頁   2007/10


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.