ハリモト シンイチ
  播本 眞一   文学部 日本文学科   教授
■ 標題
  『南総里見八犬伝』を読む(十一)
■ 概要
  『南総里見八犬伝』第九輯下帙之上見返し・口絵と漢詩(三丁ウラ~七丁オモテ)・漢詩(七丁ウラ)の解析を行うもの。見返しの、毛が生じているようにみえる「狗宝」図は『吾仏乃記』に記録される「狐の玉」に基づくことを明らかにし、石川畳翠の漢詩に関する先行研究の解釈を改め、見返し「狗宝」図・口画の八犬士像と肇輯のそれらとの照応を指摘した。
  単著   近世文芸研究と評論   早稲田大学中嶋研究室   (97),16-36頁   2019/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.