ウスキ エイイチ
  臼杵 英一   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  ‘The Position of International Law in Irish Municipal Law - The Reception of International Law in the Republic of Ireland-PartⅡ’
■ 概要
  PartⅠでの一般的分析を踏まえて、主権免除等に関する個別問題の判例、及び1974年のLaw Enforcement Commission声明の分析を通して、アイルランド憲法29条3項(国際法の受容)の正当な解釈を探究する。特にイギリス法には存在しない違憲立法審査権の可能性について。同条項は国際慣習法のみを念頭におき、しかも個人にその直接援用権を付与したものではない。他の憲法の条項は少なくとも行政行為・命令(議会立法を除く〔26条〕)に優越し、裁判所は違憲審査権を持つが、29条3項についてはこの限りでない。総頁数 162頁中93~ 104頁。
  単著   『一橋研究』第5巻第4号(一橋大学)      1981/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.