ウスキ エイイチ
  臼杵 英一   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  ‘Non-recognition in International Law : The British Practice as Revealed Chiefly in the Foreign Office Papers 1931-1961’(Ph.D学位論文)
■ 概要
  武力による領土変更に関する戦前の事例(満州事変を含む11件)および戦後の若干の事例(4件)における英国外務省の法的議論・対応を利用可能な外交史料を用いて実証的にあとづける。すでに戦前から、連盟の実行とは別に、「法律上の承認の拒絶」という意味での不承認実行は確立しつつあった。国家実行における不承認主義の研究。総頁数(本文)430頁。
  単著   Ph.D. 学位論文(ケンブリッジ大学)      1996/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.