ウスキ エイイチ
  臼杵 英一   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  「汪兆銘『南京国民政府』の法的地位と日中戦争-英国による不承認と国際法~英国外務省文書の検討」
■ 概要
  日中戦争を多様な視点から検討した総合的研究書に、筆者は第二篇「汪兆銘「南京国民政府」の法的地位と日中戦争--英国による不承認と国際法~英国外務省文書の検討」を執筆した。主に英国の外務省文書及び日中の一次史料を用いて、汪政権に対する不承認の法的根拠;不承認の外交実務における取扱い;チェンバレン内閣による日中戦争の周旋の試み;日中戦争の法的性格の変遷について明らかにする。編者:軍事史学会 総頁数521頁中197~222頁。
  単著   『軍事史学』第43巻第3・4合併号(『日中戦争再論』軍事史学会編、錦正社)      2008/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.