タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  岡倉天心ー伝統と革新
■ 概要
  はじめに(pp.1-4):おわりに(pp.125-7);天心とイタリア・ルネサンス(pp.37-48)=2013年に生誕150年並びに没後100年を迎えた岡倉天心が講義録等で、しばしば言及するルネサンスの画家なかでもラファエッロについては作品によって賞賛から酷評まで一定しない点を踏まえ天心の西洋美術観の一端を分析した。本書全体は東洋研究所・岡倉天心研究班(略称)の研究員8名による最新の研究成果を集めたもので2013年度の主要な活動実積である。
  ◎田辺 清、岡倉登志、篠永宣孝、池田久代、岡本佳子、宮瀧交二、川嶌一穂、依田 徹
  共著   大東文化大学東洋研究所   1-4;37-48;125-7頁   2014/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.