タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  レオナルドの教えー美術史方法論研究会論集ー
■ 概要
  レオナルド・ダ・ヴィンチが1513-5年頃に制作した黒チョーク素描《指さす女性》の持つ色彩的要素を《聖アンナと聖母子》(1508-10年頃)に見られるような「青」の表現から考察した論文で「古典主義美術」を完成した盛期ルネサンスの画家ラファエッロやアンドレア・デル・サルトへの伝播にも言及している(pp.41-53)
  ◎浅野春男、金山弘昌、川村真理子、久保寺紀江、高橋勉、田辺 清、仲田晴之介、真鍋怜子、向川惣一
  共著   ボーダーインク   41-53頁   2013/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.