タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  伝統と象徴-美術史のマトリックス-
■ 概要
  慶應義塾大学海津忠雄名誉教授の古稀を祝って刊行した19人の執筆者による論集の一篇「ラファエッロと古代-《廃墟の風景》(ウインザー王立図書館所蔵)を中心にした考察-」。1930年ごろ、イギリスで発見されたラファエッロの尖筆による風景素描を通じて、画家の古代観・風景観を考察し、古代都市ローマとラファエッロのかかわりを再認識した。(前田富士男編:総頁数383頁中66頁-79頁、360頁-361頁)。
  単著   沖積舎      2003/05


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.