タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  イタリア絵画におけるドミニコ会聖人-聖ドミニクスを中心とした-の図像変遷
■ 概要
  この論文ではルネサンス期を中心としたイタリア絵画のなかで、どのように聖ドミニクスをはじめとするドミニコ会の諸聖人が描かれ、それが美術史的にどんな意義があったかが論じられている。 (総頁数 844頁中 477頁- 502頁)。
  単著   『大東文化大学紀要』〈人文科学〉   (第32号)   1994/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.